2016年12月にはソロとなって初の全国ツアーとなる 『宮田悟志 STORY acoustic live tour』 を7都市で開催し、その後も定期的にコンセプトライブ 『mariage!』 を行うなど、より近くでより多くの方に自身の歌を届ける場を設けながら新たなアルバム制作を行い、7月2日にはドキュメンタリー番組 『ザ・ノンフィクション』 のエンディングテーマ 「サンサーラ」 を配信。BREATHE活動終了から、ソロボーカリストとして多岐にわたり活動してきた宮田悟志。1月10日はBREATHEとして、ラストライブとなった日。そこから2年の時を経て、自身のスタートとなるソロデビューアルバム 「RISE」 をリリースした。彼にソロになった際の心境や初のアルバムにかける思いを訊いた。

BREATHE解散という悲しみを乗り越えて、自ら積極的に動くことで、ソロとしての不安を払拭していった

ーーキャリアを通して初のアルバム・リリースにあたって、これまでの時間をどう捉えていますか?

宮田悟志「ソロ活動前、BREATHEとしてデビューさせていただいたのが2011年。あれから約6年という時間の中で、BREATHEの活動終了など本当にいろんな出来事を経験しました。でも、今感じていることは、その6年間があったからこそソロの宮田悟志があるということなんです。ここからもう一度ボーカリストとして立ち上がっていこうという想いを込めて、初めてのアルバムとなる今作に『RISE』というタイトルを掲げました。今作の発売日を1月10日にしたのにも理由があって、BREATHEが最後にライヴを行った日が、もう一度スタートの日になるようにという想いからなんです」

ーー2016年4月にBREATHEの活動を終了し、ソロ・シンガーとして始動した当時は、どのような心境でしたか?

宮田悟志「とにかくスタートしなければという気持ちが強かったです。歌っていないと終わってしまう気がして、できるだけ早くひとりでもライヴをやろうと決めました。なので、2016年4月にグループとしての活動が終了して、その2ヶ月後にはソロ・ライヴをやらせてもらいました。本当にこんなにもひとりで歌うのって大変なことなんだっていうのが、当時の率直な感想でした。でも、これも自分の試練であり、乗り越えればひと皮むけるのかなという実感もありました。EXILE MATSUさんから舞台『かげろう』のお話をいただいたのも、ちょうどの頃。その後も別の舞台やナレーションの仕事を経験させていただき、新たな経験が歌の表現の幅も広げていってくれたと思っています。BREATHE解散という悲しみを乗り越えて、自ら積極的に動くことで、ソロとしての不安を払拭していった感じです」

 
次のページ 今を一生懸命に生きることで、それが自分の未来につながっていく