ファッション初心者がぶつかる壁は様々にあるが、その中でもひときわ大きい壁が「結局、何のブランドがおしゃれなの?」っていう疑問。誰かに改めて聞くってのも今さら恥ずかしいし…という人のために、とりあえず今抑えておくべき12ブランドについて、100文字ベースで簡単解説!
 

今おしゃれなバッグブランド「100文字解説」


AS2OV(アッソブ)

 

独自の発想力と高い技術のハーモニー

〈マスターピース〉デザイナーが独立して立ち上げた、次世代バッグブランド。使用者のことを考え抜いてつけられた収納の数々が使い勝手抜群。


BRIEFING(ブリーフィング)

 

ミルスペックをデザインに落とし込んだ日本ブランド

防弾チョッキにも使用されているバリスティックナイロンの使用が最大の特徴であるブランド。使用しているうちにクタってくるナイロンの表情も楽しめる、一生ものブランド。


CHROME(クローム)

 

ニューヨークを代表するハイスペックブランド

1995年、廃材を使って作り上げたメッセンジャーからスタート。現存する合成繊維の中で最強の強度を誇る「ハイパロン」を使用した〈BLCKCHRM〉シリーズなどが人気。

 

Cote&Ciel(コート・エ・シエル)

 

大胆な形状が視線を集めるハイデザインブランド

〈ダミール・ドマ〉をプロデュースするデザンチームが手がける、現代を代表するモバイルバッグ。ライトな「メモ」シリーズなども知られるが、写真のアイコンモデルはあまりに有名。


DIESEL(ディーゼル)

 

プレミアムブランドは小物の作り込みも一流

知らない人はいない世界的プレミアムジーンズブランド〈ディーゼル〉。同ブランドの手がけるバッグやスニーカーもデザイン性に富んでおり、ウエアとセットでの愛用者も多い。


hobo(ホーボー)

 

渡り鳥労働者のスピリッツを日本製バッグに込めて

多様化するライフスタイルに寄り添うように自由な発想のもとデザインされ、国内の職人の熟練した技により製造されている東京ブランド。レザーアイテムにも定評がある。

次のページ まだまだある!おしゃれなバッグブランド後半戦