NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンのシグニチャーモデルとして生まれた〈AIR JORDAN〉。誕生から30年を超え、その背景や物語を知らずにファッションアイテムの一つとして楽しむ世代も増えてきた。そんな「マイケル・ジョーダンを知らない世代」のためのエアジョーダン基礎講座として、今なお続くナンバリングを順に振り返りながら、歴史を紐解いていきたい。

第1回は、1985年発売の「AIR JORDAN 1」。
前年の'84年、ナイキはNBAドラフトでシカゴ・ブルズに指名されたマイケル・ジョーダンと契約する。その決め手となったのはシグネチャーモデル、エアジョーダンを彼のために用意するということだった。

 

後に伝説を築くことになる
AJの記念すべきファーストモデル

写真を拡大 こちらはアメリカ限定カラーの黒×グレー。AJ1のプロモーションには、シカゴの夕焼けをバックにウィンドミルダンクをするMJの写真が使われた。

NBAが黒×赤を禁止したその話題性が神話の始まり

 マイケル・ジョーダンがエアジョーダン神話を始める礎となったAJ1。バッシュで初めて、ユニフォームとカラーコーディネイトしたド派手な黒×赤バッシュは、'84年9月のプレシーズンマッチで初登場した。その当時のインパクトを、シカゴ・ジャーナルではこう報じている。 「今のNBAで最も信じられないこと、最もカラフルで最も驚くべき存在。ケバケバしく心揺らすもの。それはジョーダンじゃない。彼のシューズなのだ」当然、NBAは黒×赤のAJ1を「派手すぎる」と警告。結果的には罰金を逆手にナイキがCMを流してさらに全米の話題をさらうこととなるのだが。
 で結局、AJ1はどうなったのかというと、ナイキCMでジョーダンの味方となった世論の後押しと、ナイキがユニフォーム規定に譲歩した白×黒×赤をジョーダンに履かせるという条件で、その使用をOKにする。こうして晴れてジョーダンはNBA公式戦でAJ1を履き、様々な「伝説」を築いていくのだ。

 

 そんなAJ1は、当時ナイキのデザインチームにいたピーター・ムーアと、AF1も手がけていたブルース・キルゴアが共同開発したもの。ジョーダンとの契約交渉時間の短さから、既存のソールに彼のプレイスタイルに合わせたアッパーを組み合わせる作戦で短時間にデザインを仕上げたという。とはいえ、薄いソール、当時の他のナイキ・バッシュよりエレガントなディテールは、MJをよく表現したデザインだと今でも感心してしまう。

次のページ 続いて、AJ1のディテールを徹底解析!