「BEST T!MES」連載30問30答、2018年最初に登場するのは2017年の雪辱を期す千葉ロッテマリーンズの新監督・井口資仁氏。自身がもっとも重視していたという「守備」理論について聞いた。

■ショートとセカンドで変わるバランス

 

 現役時代、守備で一番大切にしていた感覚は体のバランスですね。ショートをやっていたころは、それほどバランスについて考えることはなかったのですが、セカンドを守るようになってからは、常に「バランスよく」という感覚を意識してプレーするようになりました。

 ショートの場合、多くのプレーが同じ方向への体の動きの流れ――左方向へ移動しながら左方向へ送球する――で行われます。対してセカンドの場合は、一連のプレーの中に逆方向の体の動き――右方向へステップしながら捕球して、左方向のファーストへ送球する――が入ることが多い。だから、バランスに気をつけなければならなかったのです。

次のページ 最も大切なのはバランス