「BEST T!MES」連載30問30答、2018年最初に登場するのは2017年の雪辱を期す千葉ロッテマリーンズの新監督・井口資仁氏。現役時代、守備技術に持っていたこだわりについて聞いた。

ファインプレーにあった「基本」的なこと 

<前編はこちら>

 

 インタビュー取材の際、守備について話が及んだときに、多くの記者の方が質問してくる僕のあるプレーがあります。必ずと言っていいかもしれません。

 それはメジャーリーグのホワイトソックス時代の2006年4月15日、ブルージェイズ戦の9回裏のプレーのこと。ピッチャーの頭上を越える緩いゴロに対し、僕は前進しながら前に倒れるような姿勢で捕球し、そのまま空中で一塁へ送球して打者をアウトに刺しました。当時、米国のメディアなどでも大きく扱われたので、憶えてくれている野球ファンの方もいるのではないでしょうか。

 実は、あのプレーも、ポイントは体のバランスでした。打球がイレギュラーバウンドをしたため、無理な体勢でキャッチしなければなりませんでした。だから、キャッチした瞬間は、体のバランスを崩してしまっています。でも、その直後に、左手を地面に着いてバランスを整え直しているのです。

 
次のページ セカンドに求められる要素とは?