「BEST T!MES」連載30問30答、2018年最初に登場するのは2017年の雪辱を期す千葉ロッテマリーンズの新監督・井口資仁氏。現役時代の忘れられないシーンについて聞きました。今回は「ダイエー時代」のベストシーンです。

■守備のバランスが打撃のバランスを改善した

 

 ダイエー時代の思い出はいくつもあります。プロデビュー戦での満塁ホームランや1999年に初めて日本一になったこと、どれも印象深い出来事ですが、1シーズンだけ挙げるとすれば、セカンドにコンバートになって、初めて盗塁王のタイトルを獲得した2001年でしょうね。

 走攻守と言われるプレーの中で、僕は守備が一番好きです。守りが基本になっていると言っていいかもしれません。

 このシーズン、僕はショートからセカンドにコンバートになりました。この連載の「守備についての質問」で詳しく述べていますけど、セカンドを守るようになって一番こだわったのがバランスです。そして、その意識が打撃にも好影響を及ぼします。それまでは、前に突っ込みながらバットにボールを当てにいくようなスタイルだったのが、ボールを待って軸で回転できるようなバッティングになった。守備でバランスを重視するようになったら、打撃のバランスも良くなったわけです。

 一言で言えば、体の使い方が分かってきた、という感じですね。
 その後、金森栄治コーチから打撃の手ほどきを受けたり、プレーするステージが変わっていき、それに伴ってチームから求められる役割も変わったりして、打撃のスタイルに多少の変化は出てきますが、自分の基盤となったのは、このシーズンに確立したスタイルです。不調になって自分を見失った時、立ち戻る形と言ってもいいでしょう。

次のページ 自分のスタイルを築けた01年シーズン