雑誌とかで見る、何万円もするヴィンテージの家具で囲まれた部屋やめっちゃDIYして作った部屋って、なんだか現実味がないしメンドくさい。 そんなとき味方になってくれるのが、今や国民的ショップに成長した「ニトリ」。全国展開するこのショップで買える、ちょっとずつ簡単にできて、結構おしゃれになる僕らのお部屋改造術をお届け。

これまで3回にわたり「彼女を呼べる部屋を作るためのニトリ商品」を紹介してきたが、今回はそれらを使って実際にどんな部屋が出来上がるかの実践編!
どんな順番で買い揃えたらいいかも重要。ぜひ参考にしてみて!
 

彼女を呼ぶには、ニトリさえあれば。

 ぶっちゃけインテリア雑誌に載るようなおしゃれ部屋にしたいとか、そこまで大それたことは思っていないんだけど、誰か来たときには「男の一人暮らしでも、 そういうのにちゃんと気をつかってる人 」には見られたい。例えば、最近付き合い始めた彼女とクリスマスの予定を立ててるとき、「イルミネーション見るのもいいけど、お部屋でまったりするもいいよね 」って言われたら、やっぱりそれなりに小綺麗にしなきゃとは思う。でも、そのために雑誌でやってるみたいにDIYしたり、大型家具をイチから買い換えるなんて、時間もお金もすぐにはみんな用意できないはずだ(デートのお金も取っておかないとだしね )。結果、たまの休みに近所のニトリに出かけて、ちょっとずつ買い揃えていくのが、現実的なんだけど、実際やってみたら結構おしゃれになるもんだ。


STEP1 まずは何より、清潔感から。 

 手狭だけどひとりなら充分な1R。とりあえず生活に必要なものは、ベッドやテーブル、ソファ、ひと通り揃っている。彼女が来る予定の日にはまだ時間はあるけど、 小まめに掃除をしてくところから始めるか。どんなにおし ゃれにしたって、清潔感がなければ台無しだし。そうそう、 壁にインテリア的にかけてる古着は、女子的には埃っぽいのが嫌かもだから、早めに片付けておかなきゃ。普段よく使う場所は早めに改造しちゃうとそれまでに汚しちゃう可能性があるからそこは最後にして、まずは大きいところから手をつけるとしよう。

 

STEP2 ライトとラグで部屋を明るく

写真を拡大 01_ペンダントライト(ディスク)、02_アクセントラグ(Sシャギー)、03_ディスペンサー バスボトル

 最初にニトリで買って来たのは、ペンダントライトとラグ 、それに詰め替えのハンドソープを入れたかったからバスボトルを大小2つずつ。備え付けのシーリングライトじゃなくて、天井から吊り下げるおしゃれなライトが憧れだったけど、まさか3000円以下で買えるとは。電球もコンビニで売ってるちょっと大きめな型で OK。今まで使ってたラグは女の子が座るには固いかなって思ったから、柔らかいファーのものに変更。明るい色だから、なんだか部屋が明るくなったような気が。