人気アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里のトリプル主演で話題の舞台『三人姉妹』が、1月17日に東京・博品館劇場にて開幕。これから舞台を観にいてたい!あるいはどんな舞台なのか気になる!という人のためにSTREET JACK編集部が徹底ナビ!
後編では、舞台初演に先立ち行われたマスコミ向け取材の様子をレポートします!
写真を拡大 左から次女・マーシャ役の伊藤純奈、長女・オリガ役の衛藤美彩、三女・イリーナ役の久保史緒里

乃木坂46の1、2、3期生が
チェーホフの名作に挑む。

 本作は、ロシアの文豪・チェーホフ原作の四大戯曲の一つで、故郷・モスクワを遠く離れ、将軍であった父の赴任地で暮らす美しき三姉妹の物語。舞台は三人姉妹の自宅の居間から始まる。父が亡くなったあと、慎ましやかな生活を続けていた彼女たち。そんなプローロゾフ家の姉妹たちのもとに、父の部下であったヴェルーシニン中佐がモスクワより赴任。そのことにより、三姉妹の運命が少しづつ変化していく。

衛藤「妹が43人くらいいるので…(笑)

写真を拡大 左手より演出・赤澤ムック、伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里

 ゲネプロの前に行われた囲み取材には、長女・オリガ役の衛藤美彩、次女・マーシャ役の伊藤純奈、三女・イリーナ役の久保史緒里に加え、演出を手がける赤澤ムックが登壇。女性4名が並ぶ華やかな席となった。
 会見では「それぞれどんな役柄ですか?」という質問に対して、衛藤が「オリガはいつも疲れていて、はあ、とため息をついたり、テンションもあまり上がらないので、声の通りかたなど、役柄だけではなく技術面でも難しいところがありました」と悩ましげに語った。伊藤は自身の役を「マーシャは既婚者で、その妻という囲いから、冒険をしたいと強く思っている不思議な役」と話し、既婚者の役作りとして「(左手の薬指に)指輪を稽古中から絶対に離さずつけていて、体の一部になったように指輪をずっと触っていました。旦那さん役の美翔かずきさんとは、たくさんお話しして『夫婦だよ』って自分に言い聞かせました」と初挑戦の役柄に対しての努力を明かしてくれた。

 

 また、久保は「イリーナは、妹らしさがすごく強い子で、モスクワをずっと夢見ています」とコメント。話している途中に恥ずかしくなったのか、ボブカットのウィッグのサイドの髪で顔を隠そうとしたが、長さが足りず断念。「普段は髪で顔を隠せるんですが、この髪だと難しい…」と口を尖らせる可愛らしい一面も。また、稽古中の苦労した点について聞かれると「稽古自体は毎日すごく楽しいなと思ってやらせていただいていたんですけど、イリーナは常にテンションが高いので…それをキープしているのは大変だったかも…、えっと…どうしよう」と何を言っていいのかわからなくなりオロオロ(!)。すると、とっさに隣にいた衛藤が「大変でした、ね(ニッコリ)」とすかさずフォロー。“姉らしさたっぷり”のその姿に、演出家の赤澤は「すでに姉妹感がありますよね」と笑顔で話した。

 

次のページ 大胆発言?「あるきっかけで(ケープを)脱ぎます」