それほど風呂好きじゃないという人物でも、それなりに風呂に一家言あるのが当たり前。そんなニッポン人のアツい想いやお風呂の習慣は諸外国の人々にどう映るのか。はたまた、「ウチの国のほうがスゴイゼ!」という意見が飛び出すのか。日本在住の外国人の方々に集まってもらい、座談会形式で各国のお風呂感を徹底調査した。

◆お互いにびっくり!? 意外と差のある各国の風呂習慣

 座談会のメンバーはモデルや俳優として活躍するこちらの4名。

●レバノン出身、フランスでも暮らしたメクダシ・カリルさん(57歳・在日23年)
●ネパール出身のカダカ・ジャガットさん(45歳・在日20年)
●フィンランド出身のトーマス・レフトラントさん(24歳・在日2年)
●ナイジェリア出身のミカイル・アーメッドさん(48歳・在日15年)

――まずは日本のお風呂でビックリしたことって?

メクダシ:バスタブの外で身体を洗うこと。私の国ではバスタブの中で全部済ませちゃうからね。
ミカイル:スポンジやタオルで洗うこと。ナイジェリアでは石鹸そのもので身体を洗うよ。
カダカ:石鹸をじかに? そういえばネパールには、日本のヘチマタワシみたいなのがあるよ。
ミカイル:あと、全裸で大勢の人と入るのにも驚いた。ひとりで入るもんだよね、お風呂は。
一同:そうそう!
カダカ:裸は恥ずかしいよ。ネパールにタトパニ温泉という人気スポットがあるんだけれど、集団で入っていても、サリーの中に浴衣を着たり、マスクをしたりしていたからね。
他3名:えっ、マスク!?
トーマス:フィンランドでは、みんな裸でサウナに入るけどね。それよりも日本は水道が臭くて驚いた。そのとき付き合っていた彼女はわからないって言ってたけど…

フィンランドのみならず、ドイツなど他国でもサウナ文化が発展しているヨーロッパ。

カダカ:その彼女、何人?
トーマス:日本人(笑)。それに、フィンランドでは家賃に水道代が含まれているのに、日本は別料金なんだね!
メクダシ:とはいえ、日本は水、安いよね。レバノンは海水を淡水化して使うほど、水が貴重だから高かった。あとね、折角キレイに洗ったのに、日本人がわざわざ湯船に入るのが理解できなかった。

 
次のページ 外国でも湯船に入る習慣はある?