この連載では、「ヌード」や「セミヌード」になった地下アイドルを紹介している。彼女たちはなぜ裸になる選択をしたのか。そして、裸になったことは彼女たちにどのような変化をもたらしたのか。地下アイドルが身近な存在である人もそうでない人も、ぜひ見てほしい。

今回インタビューをしたのは、シンガーソングライターとして活躍しているRano Rarakuさん(30)。
小柄で可愛らしい容姿のイメージ通り、おっとりとした雰囲気としゃべり方がとても魅力的。服を着ていてもわかる大きな胸も相まって、まるで漫画のキャラクターが現実になったかのような女性だ。

現在は名古屋を中心にライブをしたりYoutubeで歌を配信したりと精力的に活動している彼女だが、数年前までは「桜井真紀」名義で着エロアイドルとして活躍していた。
「80cmなのにGカップ」というキャッチコピーを武器に、過激な着エロ作品を次々にリリース。人気着エロアイドルとしての地位を築いていた彼女が、なぜ今はグラビアを引退してしまったのだろうか。

■声優を目指し養成所へ

「私、最初は声優になりたかったんですよ。その頃に流行っていたポケットモンスターが大好きで、見るだけじゃなくて出演もしたいなって考えるようになって。だから小学校6年生の時に名古屋にある声優の養成所に入ったんです」

そこの養成所では声優だけでなく、役者として芝居全体のトレーニングをした。

「養成所で学んでいくうちに、声だけじゃなくて芝居することに興味を持ちました。けどやっぱり養成所だから人数もすごい多いし、なかなかオーディションとかも受からないんですよね。7年間レッスンを受けながら頑張ってきたけど、まあちょっと色々無理だなって。だから1回養成所を辞めて、リセットすることにしたんです」

名古屋ではなかなかうまく活動できないと思い、18歳で大阪へ引っ越し。そこで目ぼしいオーディションにどんどん応募し、ラウンドガールや舞台など、様々なことにチャレンジして経験値を上げていった。タレント事務所にも所属することとなった。

■東京でグラビア活動をスタート

「事務所にもらう仕事は、東京での撮影会が多かったですね。私服、ラウンドガール、水着などの衣装で撮影してました。水着になることはめちゃくちゃ抵抗ありましたが、それよりも“もっと人に見られたい”っていう気持ちが勝っちゃいました(笑)」

 撮影会は月2回。そのたびに大阪から東京へ通っていたのでは、交通費だけでかなりの出費になってしまう。そう思った彼女は、21歳の時に東京へと引っ越した。

「東京に引っ越したら、事務所からグラビアのDVDを出しませんかって言われたんです。サンプルで同じ事務所の子のDVDを見せてもらったんですが…え、これ服なの!?っていうものばかりで(笑)ただ事務所の社長が“最初だけ露出してファンを付ければ、あとは着ていけばいいから”って言うから、そういうものなのかなぁ…って」

 そのまま流されるようにDVDの仕事をスタート。不安はあったものの、最初のDVDでは激しい露出は特になく、きれいに仕上がっていた。また売り上げも好調で、他メーカーからオファーが相次ぎ、あっという間に5本先までの撮影が決まった。

 
次のページ ■DVDが廃盤。その理由は…