ん治療にまつわるニュースで話題となった「オプジーボ」をはじめ、続々と「免疫チェックポイント阻害薬」の開発が進んでいます。1万人以上のがん患者を治療し、SBRT(体幹部定位放射線治療)において世界トップクラスの治療実績をもつ(肝臓がんで世界1位、肺がんで国内2位)放射線治療専門医・武田篤也氏の著書『最新科学が進化させた世界一やさしいがん治療』より、免疫チェックポイント阻害薬の最新事情を紹介します。

■世界中で研究が進んでいる

 

 免疫チェックポイント阻害薬が日本ではじめて登場したのは、二〇一四年のことです。その年の七月に、小野薬品が開発したニボルマブ(商品名オプジーボ)が、皮膚がんの一種である悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)の治療薬として承認されました。

 その後、転移性の腎細胞がん、非小細胞肺がん、ホジキンリンパ腫、頭頸部がんにも保険の適用範囲が広がりました。

 今も胃がんなど複数のがんへの適用が検討されており、将来的には、消化器系のがん、泌尿器系のがん、婦人科系のがんなど、続々と保険適用になることと思います。

 二〇一七年には、ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)という外国の製薬会社のものも承認されました。

 ほかにも、アテゾリズマブ、アベルマブ、デュルバルマブといった免疫チェックポイント阻害薬が開発され、それぞれ世界中で臨床試験が進んでいます。今後も新薬が続々と出てくるでしょう。

 放射線治療との併用療法も試されています。放射線治療で一部のがんの照射をすると、がんが崩壊し、免疫細胞ががんの目印(抗原)を認識しやすくなります。すると、放射線治療が直接行われていないがんも、体にとって異物と認識され、攻撃されます。これをアブスコパル効果といいます。

 
次のページ いずれ一般的な薬になる