ニットなど、冬になると取り入れられることの多い「民族柄」。でも、細かい柄の違いやその意味については結構知らないことが多い。今回はそんな知っておくと便利な、民族柄の基礎知識について徹底レクチャー。「これだけは知っておきたい世界の民族柄10選」をお届け。

*掲載されている情報はすべて編集部調べです。諸説あるものはその代表例を取り上げています。ご了承ください。
写真を拡大 現在日本のファッションシーンでも取り上げられている10の民族柄をピックアップ。それぞれの生まれた国ごとに分類し、そのルーツを徹底解剖!

北欧を中心に育ったフォークロアと
過酷な歴史も背景にもつエスニック

 地域や家族単位で暖かく育まれたフォークロアに対し、エスニックはネイティブ・アメリカンや移民たちのたどってきた厳しい現実との戦いを背景に生まれたものが多い。それゆえアジアやアフリカの一部には呪術的な意味を持つ柄も多く存在しているのだ。


セラぺ serape

●原産国…メキシコ全域
●発祥時期…不明
●使用民族…メキシコ先住民

 

 

 

 

 

 

赤や黄・緑などラテンな匂いを放つ明るい柄

 メキシカンボーダー(=メキシコの民族衣装に見られる5つの色をベースにするマルチカラーボーダー)と同義で使われるが、正確には真ん中に穴を開けて上半身を覆うラグのような布=セラペに使われる柄のことを総称したもの。


チマヨ chimayo

●原産国…米・ニューメキシコ州
●発祥時期…1700年ごろ
●使用民族…チマヨ村の住民

 

 

 

 

 

オルテガのベストで有名なネイティブ柄 

 チュロと呼ばれる、毛が長い羊の毛を使って織られるチマヨ織の代表的な柄のひとつ。幾何学的なひし形モチーフが特徴的で、最近では類似した型全般を指す。

 

トライバル tribal

●原産国…米・アラスカ州
●発祥時期…紀元前以前?
●使用民族…ハイダ族

 

 

 

 

 

ネイティブアメリカンに語り継がれる伝説に由来

 アラスカの原住民に伝わる「ワタリガラスの伝説」がベースとされ、カラス(知恵)ワシ(勇気)ハチドリ(幸運)などのモチーフが使われる。
*トライバルは部族柄の総称。 

次のページ アジア・アフリカ発祥の民族柄を紹介!