12年前ということは、ジーコジャパンの年でした!

 2006年といえば、話題の中心はやっぱりサッカーW杯!
 前回大会での決勝トーナメントベスト16入りから4年。今回はベスト8だ、いや4はいける、いやいや、決勝だって夢じゃない!・・・そんな風に国民全体がサッカー熱で盛り上がる中、SJでも前年からカウントダウン連載を開始。第4回となるこの号では「激戦必至! W杯1次リーグ、日本代表が勝ち残るには!?」と題し、元・日本代表監督である加茂周氏にジーコジャパン(当時)へのメッセージを聞いていた。

写真を拡大 加茂氏が挙げた3人のキーマンは、久保竜彦、小野伸二、中田英寿。そして、「初戦を勝てば1次リーグ突破の可能性は50%」とシミュレート。

加茂 僕が代表監督をしていた頃に比べて今の代表チームは、ボールをキープする能力なら世界レベルに上がってきていますよ。しかし、一番の問題は点が取れるFWがいないこと。特に一次リーグを突破するには、初戦のオーストラリア戦で勝ち点3を取ることが重要。(中略)とは言っても、どのチームと戦ってもきれいにボールをつないで相手のディフェンスを崩してシュートできるシーンはめったにないと思います。

 日本中が前のめりになっている中、そう冷静な分析を見せる加茂氏。果たしてその結果は・・・そういうことになったわけだが、ブラジル戦のキーマンを「中田英寿」と答えていたのが今思うと何とも預言的。さあ、12年後の日本代表はどうなる・・・?

写真を拡大 勝敗予想、SJもやってました。結果は2敗1分けでグループルーグ敗退。カールハインツ・コウスケさんは未来人かというほどの的中ぶり。

 

どちらかというとスポット的なブームが多く、当時としては盛り上がったものの、12年経って全体を俯瞰してみると、まさに大きく時代が動く前の静かな「凪」のようだった2006年。
後編ではさらに、ファッションから2006年を振り返ります。
次回をお楽しみに!!!