とかくキャストである女性ばかりが注目されがちな風俗の世界。ピンクといわれるこの業界だが、そこで働く人たちはどのような思いで働いているのか。その実情に迫った。
取材を受けてくれた西山さん(仮名)

 ソフト風俗をコンセプトに、オナクラ専門店などを運営する企業でCEOなどを務める西山さん(仮名)にお話しを伺った。

 西山さんはバイタリティがあり、社交的でありながら、稚拙な質問にも丁寧に答えてくれる優しく、そして知性あふれる方だった。大学を卒業した後、優秀な経営者を輩出することで有名な人材系大手企業に入社され、その後起業も経験されたということで、若くして経営経験は非常に豊富である。

 今後、風俗業界のみならず、業界の枠を超えるような活躍も思案されており、業界の先例を作っていく経営者となっていくのではないか。

■「なにものか」を目指した少年期

 西山さんは福島県出身の32歳。のどかな農村地帯で、地元の建築関連企業で役員を務める母親と、祖父と祖母、叔父夫婦と一緒に育った。

 小学生のころから、地元では有名な「神童」だったという。地元の中学校、高校と進み、そこでも生徒会長を務めるなど「スーパー優等生」だった。漫画やアニメのヒーローに憧れ、「なにものか」になることを目指す、そんな少年だったようだ。

 西山さんは、当時を「一人親で育ててくれる母親に心配や迷惑をかけたくなかった」という思いもあったと振り返っている。その言動やまなざしから、幼いころから自分の状況を客観視し、正義感をもって今日まで生きてこられてきたことがうかがえる。

 西山さんはその後、千葉県内の大学に進学。経営工学を専攻し、「経営者」を目指すようになる。ヒーローに憧れ「なにものか」になることを目指していた少年が、大人になり見つけた目標、それが「経営者」だった。

 
次のページ 人材系大手企業から起業を経て風俗業界へ