「BEST T!MES」連載30問30答、2018年最初に登場するのは2017年の雪辱を期す千葉ロッテマリーンズの新監督・井口資仁氏。はじめて監督になって訪れた現役との違いとは?

■現役時代は口に入れるものすべてに気を使った

 明らかに体に気を使わなくなったことですかね。

 現役時代は「体」のことを第一に、口に入れるものを考えなければいけませんでしたから。例えば今は「ちょっと風邪気味だな」と感じたら、すぐに風邪薬を飲めます。でも、選手の頃はそうはいかず、どんな成分が入っているかを考えなければいけない。いろいろな制約がありましたから。

 そういう点で気を使わなくなった分、楽になったと言えば楽になったんですけど、体を動かさなくなった分、違う面で……たとえば体重の管理など、自分で節制しなければならないところも出てきたので、選手時代とは違う意味で、体に気を使うという意識は持ち続けています。

 現役時代は、ウエイトトレーニングが日課のようになっていましたから、引退直後は物足りなく感じたこともありました。体を動かしたいという思いがありつつも、今では、トレーニングしない毎日にも段々、慣れてきましたけどね。

 

 引退をしたら少し体重を落として痩せようと考えていたので、去年の秋季キャンプ開始前くらいから、「体を動かせる環境も整っているから久しぶりに、少しでもトレーニングできるかな」なんて考えていたんですけど甘かったですね(笑)。

 いざ始まってみると、そんな時間はまったく取れませんでした。チームすべてを把握しなければならないので、考えながら練習を見ていると、気づいたら午後6時過ぎになっていたりして……。本当に時間が経つのが早いと感じる毎日でした。

 その時に、監督としてこなさなければならない作業の多さ、考えなければならないことの多さを実感しました。

 自分のことを第一にできる部分がある選手と監督の差はそういうところにもあるのかもしれないですね。


明日の質問は…「Q29.スランプを感じるときどう取り組み改善しますか?」です。