血圧を正常にしたり、自律神経を整えるなど、様々な健康効果が期待できる「サウナ」。正しい入り方を知れば、その効果を最大限に引き出すことが可能となる。
そこで、日本サウナ・スパ協会の技術顧問・中山眞喜男さん解説のもと、サウナの正しい入浴方法をご紹介する。

◆かけ湯をするだけで発汗がスムーズになる

 日本サウナ・スパ協会が推奨するサウナ利用の最適な頻度は、1週間に2回程度。生活のなかにサウナ浴を取り入れるのが理想的だ。
 1回のサウナをより効果的、あるいは安全に入るために、入り方の基本があると中山さんは言う。
「全身をよく洗ってから入るのは風呂でかけ湯するのと同じでマナーの意味合いもありますが、発汗をスムーズにします。意外と知られていないのがサウナで横になること。リラックスした状態であることが望ましいので、室内が空い
ていれば、ごろりと横になってみるのも良い気分ですよ」。

 中山さんによればサウナ利用の仕方で気になる人もいるという。
「水を飲んでからサウナに入る人を見かけますが、飲んだ水分を蒸発させるだけで老廃物が出ない。できれば、水分補給はサウナ後にしましょう。また、水風呂は汗を落としてからゆっくり入る方が安全。マナーとしても必要です」。

1 全身をよく洗い、よく拭いてからサウナ室へ入る 体が濡れたまま入ると、体表面の水分の蒸発熱で体が冷やされ、汗が出にくくなる。よく拭いて から入った方が、発汗がスムーズに。風呂で「かけ湯」をするような感覚で習慣にしよう。
2 リラックスできるように、座るか横になる
下段から次第に上段に移るのが おすすめ。下段は70 ~ 80℃、上段は90℃くらい。腰かけている場合だと、足元は約70℃、腰のあたりは80℃、顔のところは90℃くらいになる。
3 入浴時間は、8分から12分程度が最適
一般的に入浴時間は8分から12分程度で十分。15分以上入るとかえって疲労するといわれている。また、初心者や健康に自信がない人は、少し短くして自分に合った入り方をしよう。
4 サウナを出たら、足の先から水をかけ、汗を洗い流す
心臓に遠い手や足の先から徐々に水をかけ、最後に顔や頭に水をかぶって、汗を洗い流す。それから静かに水風呂に入る。いきなり水風呂は心臓に負担。水風呂でもぐるのも衛生上NG。
5 シャワーか水風呂で身体の熱をとり、全身をよく拭く
終わりにシャワーか水風呂で身体の熱をとる。汗をよく流し、全身をよく拭くように心がける。この身体が温まった状態で全身・足裏マッサージなど、ボディケアを受けるとより効果的。
6 30分くらい安静にして休養する
入浴を終えたら水分を補給する。気づかないうちに身体が冷えてしまうこともあり、タオル等にくるまって横になり30分くらい安静にして休養する。よくほてりを冷ましてから着替える。
 
次のページ サウナのどこに陣取るかによって効果が違う