いくつ当てはまる?
「リア充オタク」度チェック!

 

□ 「おしゃれ」で「オタク」を両立できている

人が興味を持つのは、意外性やギャップだったりする。見た目は普通の大学生、でも中身は…っていうのが面白い。

□ 「オタク」であると周りに公言している

オタクネタを普通のトークに交えながら、積極的にアピールしている。好きなものを好きと言える“情熱”に周りも自然と笑顔に。

□ 「非オタ」の友達もたくさんいる

基本的に“うんちくの押し売り”はしないから、オタクじゃない友達ともしっかりコミュニケーションできている。

□ リアル彼女も「俺の嫁」もどっちもいる!

 

アニオタの場合は新作アニメの放映と同時に増えていく「俺の嫁」。最近はリアル彼女より抱き枕カバーが夜のパートナーになりがち(笑)?

□ HDが撮り溜めた深夜アニメでいっぱい

溜まった深夜アニメも、多忙で見るヒマがないのが実情。そんな時は実況のまとめサイトでポイントを押さえている。

□ 「ファッション誌」もしっかりチェック!

トレンドファッションは程よく取り入れる。女の子との飲み会や好きなアイドルの握手会に備えて、清潔感も意識している。

□「アメトーーク!」が超絶大好き!

漫画やアニメなど〇〇芸人が、真剣に愛を語る姿には胸を打たれる!と言いつつも次の飲み会で使えるネタ探しをしている。

□ 週末は「オタ活」でけっこう忙しい!

平日開催のイベントはほぼいけないので、週末は複数の現場を回しで移動to
移動。忙しいが口癖のなっている。

□ 「今期は〇〇に注目だね!」(ドヤッ)が口癖だ

非オタの友人にお勧め作品を訪ねられた時がドヤリングチャンス!「いろいろあるけど…」と前置きして語りがち。

□ 知識をひけらかす「旧世代オタク」が正直、苦手

うんちくとかウザいし、作品への愛を示すのは知識量やコレクションよりも
語り口。“古参”アピールする人が、嫌い。

 

6つ以上当てはまった君は、今日からもう「リア充オタク」の仲間入り!
2018年はオタ活とリアルを両立するスタイルがスタンダードになるかも!?