去る1月13日、14日に、2018年度の大学入試センター試験が行われた。毎年様々な形で取りざたされるセンター試験だが、今年最も多くの注目を集めたのは、「地理B」にて出題された「ムーミン問題」ではないだろうか。「出題ミス」との指摘もあったこの問いの、真の問題点はどこにあったのか。また、「ムーミン問題」のような一見トリッキーな問いの出現を、私たちはどのように捉えるべきなのか。『2020年からの教師問題』(ベスト新書)や『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)の著者、石川一郎氏にお話を聞いた。

◆「ムーミン問題」はなぜ大ブーイングを浴びたのか

 まず、ここで取り上げようとしている「ムーミン問題」とはそもそも何か。
 センター試験1日目に行われた「地理B」に、北欧3か国(スウェーデン、ノルウェー、フィンランド)について問う大問があった。その中で、ノルウェーとフィンランドを舞台にした日本のアニメーションとして「ムーミン」と「小さなバイキングビッケ」が挙げられており、どちらがフィンランドに関するアニメーションかを答える問題が出されたのだ。
 それではなぜ、この「ムーミン問題」は問題視されるに至ったのか。批判を浴びたポイントは、大きく分けて以下の二つある。

①地理の授業でムーミンは習っていない
②ムーミンの舞台はフィンランドとは限らない
 

 まず、学校でムーミンについて学んでいないことを問題視する声があった。センター試験終了後のSNS上では、「授業で教えられていないのだから解けるはずがない」という受験生のものと思われる声も散見された。
 もう一つ問題視されているのが、ムーミンの舞台は本当にフィンランドなのか、という点。ムーミンの作品の舞台は「ムーミン谷」とされており、あくまで架空の場所。確かに、ムーミン谷と、「森と湖の国」というフィンランドのイメージは重なる部分もあるし、作者のトーベ・ヤンソンはフィンランド人だが、だからといって「ムーミンの舞台=フィンランド」とはならない、という旨の指摘は、大阪大学スウェーデン語研究室をはじめ多くの識者から発せられた。

 
次のページ それでも「ムーミン問題」は解けた