AIやロボット、Iotなどのテクノロジーの進化や、それに伴い将来なくなると予想される職業なども騒がれて久しい昨今。あなたは10年後の世の中がどのようになっているか、時代の変化にあわせてどう動いておくべきか、考えてみたことはあるだろうか。そのヒントを、赤羽雄二氏の著書『3年後に結果を出すための最速成長』の内容を再編集しながらシリーズでお届けする。第2回のテーマは「ロボット」です。

■ロボットの圧倒的進化と普及

 日本はロボット先進国と言われており、工場の自動化や身障者向けのサポート、介護業務を楽にするためのロボット的な研究も進んでいます。 今後、AIやIoTの発展、センサーの低価格化・高性能化に伴い、ロボットがさらに大きく進化します。

 自動車など機械の組み立てだけではなく、名医でも困難だった難易度の高い縫合・切除などの外科手術から、土木・建設工事、運搬、倉庫内物流、道路・ビル清掃、料理、育児、話し相手、相談相手、ペットの世話などに至るまでロボットが次々にこなせるようになっていきます。

 いわゆる人型のロボットのイメージではなく、「人がこれまでやっていた運ぶ、加工する、処理するなど、物への何らかの働きかけを自動的に行ってくれる」自動機械です。

 言い換えれば、ロボットは、これまで人手だと難しかったこと、危険だったこと、コストが高すぎたこと、うまくできなかったこと、面倒だったこと、ストレスになりすぎたことをすべて置き換えていきます。

 ロボットについても多く情報がありますが、ここでも、ロボットの圧倒的進化と普及が自分にとってどういう意味を持つかという視点で、見ていくことが大切です。

・どういう機能がロボット化されると、非常に便利なのか?
・自分の仕事の、どの部分がロボットに置き換えられるのか?
・自分の仕事をロボットで置き換える際に、どういうサポートが必要なのか?
・ロボットの機能はどういうスピードで上がり、価格はどういうスピードで下がるか?
・ロボットにはどういうリスクがあり、どういう法規制変更が必要か?

 などを常に考え続け、新しい情報に触れ、頭を柔らかくしておく必要があります。新しい情報に触れていれば、自然と頭は柔らかくなりますし、感度も十分高まります。

 
次のページ メリット・デメリットとは?