お風呂に入るのは、身体をキレイにするため。特に、忙しい現代人は湯船に浸かるなんてことはなく、シャワーでさっと済ませるのが今どきの流儀。と思いきや、そこはお風呂大好き民族の日本人だけに、アンケートからは興味深い結果が得られた。
(*本アンケートは調査会社アイブリッジが全国の40歳~70歳の男女100人を対象に2017年11月15日に行ったもの。棒グラフの緑色は男性、赤色は女性。)

Q1 1週間に何回、湯船に浸かりますか?

 

 忙しい現代人はシャワー中心だと考えられがちだが、意外にも約6割がほぼ毎日、湯船に浸かっている。

Q2 あなたの入浴時間は?

 

 約7割が30分以内と答えており、当然ながら、身体を洗うことが、入浴の主な目的であることが窺える。

Q3 湯船に浸かる際、入浴剤は入れますか?

 

 半数近くが入浴剤を全く使わないのは多いと見るか。せっかく湯船に浸かるのなら、お湯にはこだわりたい。

Q4 風呂でやっている、やってみたい健康法は?(複数回答有り)

 

 薄毛、パーマや染色によるダメージなど、毛髪の悩みは男女共通か。トップの回答は、頭皮ケアだった。

Q5 お風呂の魅力は何ですか?(複数回答有り)

 

 リラックスや疲労回復など、多くが入浴に癒しを求めていることが窺える。健康・美容目的は、意外に少ない印象。