フィギュアスケーターの織田信成さんが現役を引退したのは、今からおよそ4年前。しかし、未だに現役時代と同じく難易度の高いプログラムに挑み続けているといいます。そのストイックさの裏にある思いとは?

常に「もう1歩先」へ

――競技選手を引退されプロフィギュアスケーターとなった今、アスリートとしての生活や習慣に何か変化はありましたか?

 今僕はプロフィギュアスケーターとして、アイスショーなどに出演させてもらっています。フィギュアスケートの世界はちょっと変わっていて、プロとアマチュアが“テレコ”になっている部分があるんです。普通プロになるとアマチュア時よりもより高いスキルと結果が求められると思うんですけど、フィギュアスケートの場合は「プロ」=「ショー」なので、競技からは離れるんです。つまり、アマチュア時代に出場した大会ほどの、難易度の高い技を求められることはありません。どのジャンプを跳んでもいいし、自分の好きなように演技をしていい。極端にいえば、アマチュア時代ほど練習をしなくても、こなそうと思えばこなせてしまうんです。

 
次のページ 日々スケートと向き合う