競技者でなくなった今も、厳しい練習を自らに課す織田信成さん。現役時代に体感した、練習に対する日本と海外の考え方の違いについてお話を聞きました。

自分を見つめ直す時間も必要

――17歳から年に何度もカナダを訪れ練習をしてきた織田さんですが、海外での経験から得たものはありましたか?

 

 カナダでの経験は、とても印象に残っています。練習に対する考え方が、日本のそれとはまったく異なりましたから。日本では、とにかく数をこなすことが求められます。何度も繰り返すことで、カラダに覚えさせるという考え方です。それも、すべての動作を一から繰り返しやり続けます。一方海外では、スケジュールがきっちりと組まれていて、ひとつの動作が出来たら次の段階へと進み、繰り返すことはありません。つまり効率性を重視するんです。

――日本式の練習に慣れていると、かなり面食らいますよね。最初、抵抗はなかったですか?

 初めて見た時は、「こんなの練習じゃない!」と思いました。反復練習をしない分休みも多かったですし、海外の選手は随分と楽をしているんだなと思いました。でも、ある時海外のコーチから指摘されたんです。休むことはサボることじゃない。カラダをいたわるだけじゃなく、今やっていることを考える時間でもあると。その時、ハッとしました。がむしゃらなだけで満足して、自分とちゃんと向き合えていなかったなって。

 

――練習に対する考え方が変わったんですね。それから、何か変化はありましたか?

 自分を見つめ直すということは取り入れましたが、結局は練習漬けでしたね(苦笑)。休みの日に海外の選手がパーティに出かけるのを余所目に、僕は自室でフィギュアのビデオを見ていましたから。より高い位置を目指すには、やっぱり日本式の反復練習も必要だと思います。それに加えて効率的な練習や、考え方を整理するための休みを取る。そのバランスの取り方が大事なんでしょうね。その考え方を知ることが出来ただけでも、大きな収穫だったと思います。

〈明日の質問は……Q14 .「日本選手の活躍を、どう予想していますか?」です。〉