先日発表された、タイムズハイヤーエディケーションによる世界大学ランキング。日本のトップ、東京大学ですら46位。ではその上位に食い込む大学は何が違うのか?  同大学ランキング10位、チューリッヒ工科大学の対策を読み解く。
【あわせて読みたい:どういう基準なの?そもそも「世界大学ランキング」とは何か。

■スイスの小さな町ほぼ一個分の規模

 

 チューリッヒ工科大学はスイスのチューリッヒにあります。この大学はヨーロッパのみならず世界でも有数の名門大学で、Times Higher Education誌の2018年度世界ランキングでは、10位にランクしています。特にSTEM(科学・技術・工学・数学)の分野では高い評価を得ていて科目別順位は、Times Higher Education誌では、工学・技術部門で世界第8位、QS世界大学ランキングでは工学と技術部門で世界第5位、となっています。大学職員と学生合わせて25,000人も在籍するこの大学は、スイスの小さな町ほぼ一個分の規模といえるでしょう。 学生の数は、学部生が8704名、大学院生や博士課程の学生は9000名以上となっています。

チューリッヒ工科大学は、別称で「スイス連邦工科大学チューリッヒ校」とも呼ばれています。「スイス連邦工科大学ローザンヌ校」という名前の大学もあり、これらは姉妹校ですがそれぞれ独立して存在しています。チューリッヒ校はドイツ語圏にありますが、ローザンヌ校はフランス語圏ローザンヌにあります。いずれも自然科学と工学に特化した大学です。

 

 チューリッヒ工科大学にはキャンパスが二つあり、メインのキャンパスはチューリッヒに、もう一つのキャンパスは、チューリッヒから北西に約5kmにある市郊外、ヘンガーベルグにあります。メインキャンパスにある本館は、ドイツの建築家ゴットフリート・ゼンパーによりネオクラシック様式で設計されたもので、建築物としても世界的な評価を受けているものです。一方、ヘンガーベルグでは、持続可能性(Sustainability)という理念に基づき、キャンパスを自然と調和した美しさを持ったものにしていこう、という取り組みが行われています。

 
次のページ STEMの分野で常に世界をリード。アインシュタインの母校。