■「1000m」は金銀ワンツーフィニッシュ!?

 競技の話題に戻る。

 特注種目3つめは14日の女子1000m。小平奈緒と高木美帆のダブルエースが並び立つ種目だ。小平の金メダル、高木の銀メダル、日本選手のワンツーフィニッシュを予想するメディアも多数ある。

 小平奈緒は昨年12月のW杯ソルトレイクシティ大会で、1分12秒09の世界新記録を樹立。前世界記録保持者のボウ(アメリカ)が不振なこともあり、金メダルの本命にのし上がった。

 今季、小平のW杯1000mは4戦3勝、1転倒。まともに走ったレースは全勝だった。

 一方、高木美帆はW杯3戦出場して、2位が3回。小平にしか負けていない。金銀独占は決して盛りすぎの夢ではなく、可能性の高い予想だ。

 小平は18日の500mでも大本命に推され、二冠の期待が懸かる。次回に詳しく取り上げよう。