「18~22歳男子」というストリートジャックの読者ターゲットにちなんで、俳優やモデル、アイドルなど、さまざまな方に自身の“18歳から22歳”を振り返ってもらうシリーズ企画『1819202122〜My 5 years talk』。
記念すべき第1回は、昨年12月に乃木坂46を卒業し、2月20日(火)に初の写真集『エトランゼ』(集英社インターナショナル)を発売する伊藤万理華さんが登場!
「19歳」を迎えた2015年当時、彼女が考えていたこととは?

 

好きなことを形にできるのが楽しかった

 2015年、伊藤万理華は舞台『すべての犬は天国へ行く』(脚本/ケラリーノ・サンドロヴィッチ)に出演し、映画『アイズ』では初主演を務めるなど、女優としての活動が本格化。また、デザイン誌『MdN』やファッション誌『CUTiE』にて、個人の連載もスタート。乃木坂46メンバーとして、個人として、活動の幅を拡げた年だった。

 

ーー2015年は、いわゆる“グループ外でのお仕事”が増えた年のように感じます。そんななか、伊藤さんが最も印象的だったお仕事とは?

伊藤 一番印象的だったのは舞台に挑戦できたことかもしれないです。自分が出られたことはもちろんですけど、『すべての犬は天国に行く』で、グループ単位で初めて本格的な演劇に挑戦できたことで、当時の乃木坂46が“挑戦してもいい世界”が広がった気がして。それがすごく嬉しかった覚えがあります。やっぱり、個人としてよりも、グループとしての活動を中心に考えていたんだと思いますね。

ーー伊藤さんのほか、生駒里奈さん、井上小百合さん、斉藤優里さん、桜井玲香さん、新内眞衣さん、松村沙友理さん、若月佑美さん…と、8人ものメンバーが出演していましたね。グループとして、新たな活動の幅が生まれた年だった、と。

伊藤 個人の活動としては、『命は美しい』(3月発売の11thシングル)での選抜復帰もありました。とはいっても、この年はずっと3列目で。“自分が何をしたらいいのか”がまたわからなくなった時期でもありましたね。

 

ーーおぉ…。グループとしては前に進んでいるのに、自身には“停滞”の想いが…。

伊藤 正直、選抜にいてもツラいことが多かったですね…。でも、そういう時期に『CUTiE』や『MdN』で連載を始めさせていただいたことは本当に幸せでした。

ーー『CUTiE』ではご自分でファッションデザインに関するページを作り、『MdN』ではさまざまなクリエイターとの対談を行なったりと、伊藤さんの“らしさ”が前面に出た連載でしたね。

伊藤 誌面に載る洋服も、すべて自分でスタイリングさせていただいたり…なかなか、アイドルに任せていただけるお仕事じゃなかったですよね(笑)。でも、ダンス以外にもアウトプットできる場をいただけたことで…選抜メンバーとしての葛藤はありつつも、すごく楽しく活動させていただいてました。それまでの私は、自分が好きなものははっきりしてたけど、それを形にできる機会がなかったので。好きなものを形にできることを楽しみながら、『グループとしてだけでなく、個人のお仕事からも興味を持ってもらえたらいいな』って思ってましたね。

 

次回は「20歳」の伊藤万理華さんに迫ります。

 

白石麻衣が「私たちにとって汗といえばやっぱり…」

長濱ねるの『伊藤万理華さんの好きなところBEST3』

18歳〜22歳のリアルを教えてください!_SJ編集部からアンケート&対面調査ご協力のお願い