「18~22歳男子」というストリートジャックの読者ターゲットにちなんで、俳優やモデル、アイドルなど、さまざまな方に自身の“18歳から22歳”を振り返ってもらうシリーズ企画『1819202122〜My 5 years talk』。
記念すべき第1回は、昨年12月に乃木坂46を卒業し、2月20日(火)に初の写真集『エトランゼ』(集英社インターナショナル)を発売する伊藤万理華さんが登場!
2016年、ついに「20歳」を迎えた彼女の、当時の想いとは?

衝動で動いてもいいのかな

 20歳を迎えた2016年、伊藤万理華は15thシングル『裸足でSummer』で、2年ぶりに選抜落ちを経験。アンダーメンバーとして、9月には『アンダーライブ全国ツアー2016~中国ツアー~』に尽力した。そこで、初めて“卒業”を意識することになる。

 

ーー伊藤さんが“当時考えていたこと”を18歳からお聞きしてきて、いよいよ20歳を迎える2016年です。成人を迎えたとき、何か考えたことはありましたか?

伊藤 普通の人は『大人になるんだ』って思うのかもしれないですけど、私は何も変わらなかったし、特に意識もしてなかったですね。本当に『これからはお酒が飲めるのか』ってくらいでした(笑)。19歳から20歳にかけては本当にずっと一緒というか、引き続き“選抜にはいるけど葛藤してる”って時期で。この年の後半…下半期に入って、考えが少し変わったんですけど。

ーー下半期というと、7月リリースの15thシングル『裸足でSummer』の前後ですか?

 

伊藤 そうですね。アンダーに落ちた時期だったんですけど、アンダー楽曲『シークレットグラフィティー』で、久しぶりにフロントに立たせていただいてのMV撮影があったり、ユニット曲『行くあてのない僕たち』で、(井上)小百合とふたりでショートムービーを撮っていただいたりして。デビュー当時からずっと、映像で良いめぐり合わせをいただいていたこともあるんですけど、ここであらためて『私はやっぱり“作品づくり”が好きなんだな』『私はこれからもこういう映像を作っていくんだろうな』って自覚しました。

ーー1stシングルの個人PV『ナイフ』から始まり、5thの『まりっか'17』や17thの『伊藤まりかっと。』など、数々の名映像を生み出していましたし、“伊藤万理華といえば個人PV”という印象を持っているファンも多いですよね。ここで、将来的な活動も考えるようになったということですか?

伊藤 そうですね。この時期に『墓場女子高生』という舞台もさせていただいて、自分を表現できる場がさらに増えていて。『葛藤していた時期から、やっと少しずつ道が拓けてきたな』って想いはありましたね。9月のアンダーライブの中国シリーズもすごく充実していて、そのタイミングで、卒業を決めました。

ーー中国シリーズで、卒業の決め手になった出来事が?

伊藤 大きな出来事があったわけではないんですよ。それまでずっと『乃木坂46のメンバーとして前に進むためにはどうするべきか』って葛藤してきて、そこで迎えた中国シリーズが、個人的にすごく達成感のあるものになって。ライブの最後に『きっかけ』を歌ったときに、この曲の歌詞のように“衝動で動いてもいいのかな”って思ったんです。結果として、卒業を決めてから発表するまで1年という時間がありましたけど、いろんな経験ができて、『1年かけてよかったな』って思いますね。

 

次回は「21歳」の伊藤万理華さんに迫ります。

 

伊藤万理華「平均年齢20歳を超えた乃木坂46だからできる表現が」

長濱ねるが熱弁!『伊藤万理華さんの好きなところBEST3』

18歳〜22歳のリアルを教えてください!_SJ編集部からアンケート&対面調査ご協力のお願い