■「世代交代」に見る浦和レッズの層の厚さ

 チームは二次キャンプも終え、いい競争をしながら調整できていることに手ごたえを感じます。

 さて、今シーズン、メンバーが大幅に変わりました。特に同世代の(矢島)慎也、(駒井)善成、オナイウ阿道そして(高木)俊くんといった選手がチームを離れることは、僕にとって「浦和レッズ」というチームの選手層の厚さを痛感させられた出来事でした。

 僕たちは、レッズでこそ若手と言われていても、他のチームに行けば主力でバリバリと出ていなければいけない世代です。試合が始まれば相手チームと戦うのがサッカー選手ですが、日常にあるのはチーム内の競争になる。そこで、「世代交代」を実現できるくらい力をつけていかなければ……と思っていましたが、まだまだ成長しなければと感じています。

 ということで、今回は移籍する選手について思い出したことを書いてみたいと思います。

 
次のページ 那須大亮さんに助けられた記憶