NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンのシグニチャーモデルとして生まれた〈AIR JORDAN〉。誕生から30年を超え、その背景や物語を知らずにファッションアイテムの一つとして楽しむ世代も増えてきた。そんな「マイケル・ジョーダンを知らない世代」のためのエアジョーダン基礎講座として、今なお続くナンバリングを順に振り返りながら、歴史を紐解いていきたい。

第6回は、1991年発売の「AIR JORDAN 6」。
“素足感覚”を求めるMJのリクエストにより、AJ6はつま先の補強をなくしたプレーントゥ仕様へと進化した。さらに、アッパーはスケルトンフレームが全体を包み込む、よりシンプルな構造となっている。これを履いたMJ(マイケル・ジョーダン)はついにNBA王座を獲得するーー。

 

大胆なモデルチェンジを敢行し、
MJに念願の王座をもたらす!

写真を拡大 '91年発売のAJ6オリジナル。ラバー製の大きなタンが特徴で、このモデルからロゴも「JORDAN」の中に「AIR」が入ったものに変更された。

“ハイテクバッシュ”として不動の地位を確立

 '80年代後半から'90年代前半にかけて、ナイキのバッシュは機能的に飛躍的な進歩を遂げたが、そうしたナイキ・バッシュ“ハイテク化”の先鋒になったモデルと言えるのが'91年にデビューしたAJ6だ。前作までのAJはアッパーを何枚ものパーツで補強していたが、AJ6ではそうした補強を可能な限り廃し、スケルトンと呼ばれるフレームがアッパー全体を補強する構造となっている。このモデルを開発するにあたってMJはティンカー・ハットフィールドと何度もディスカッションを重ねたが、その結果採用されたのがプレーントゥ仕様。これは、「つま先を開放してプレーしたい」という彼のリクエストを反映させたものだ。

 

 AJ5からの流れで、このモデルもアメリカで大ヒットを記録。日本のファッション雑誌が積極的にAJを取り上げ始めたのも、このAJ6がデビューした頃からだ。オリジナルカラーは、白×インフラ(蛍光)レッド、白×青、白×マルーン、黒×インフラレッド、そして白×カーマインの5色だが、蛍光色を使ったバッシュは当時としてはかなり斬新だった。また、唯一アッパーが2色の切り替えカラーとなっているカーマインは、もっとも高い人気を誇る。

写真を拡大 AJ6のレギュラーモデルには、ナンバリング仕様は用意されなかった。唯一の例外として存在するのが、アメリカ国内で限定発売されたカーマインの23。このモデルは、アッパーサイドに23をプリントで入れている。

 なお、このAJ6を履いたMJは、カンファレンスファイナルでピストンズを破り、ファイナルに進出。マジック・ジョンソン率いるLAレイカーズを破り、ついに念願のNBA制覇を成し遂げた。