冬に必須なアウターからシーズンを問わずに活躍するものまで、様々なファッションアイテムを長く愛用するための「お手入れ」テクニックをご紹介。ひと手間かけるだけで、手持ちのお気に入りアイテムをより長く使えるようになるぞ! 今回は「スウェードブーツ」のお手入れをご紹介。

スウェードブーツを長持ちさせるお手入れ方法

 大事に履けば、まさに一生モノとなるブーツ。それにはシーズンオフのお手入れ収納が重要だ。特に、型くずれやカビには細心の注意を。表革とスウェードではケア方法が異なるので、しっかりと違いを覚えておこう。
 今回は「スウェードブーツ」編をお届け!

 

 用意するのは4つ。まずは、リン青銅製の「スウェード用ブラシ」。スウェード専用ブラシはいくつかあるが、ブーツの毛質に応じて使い分けたい。またブラッシングで落ちない汚れに最適な「スウェード用天然ゴム」。効果は落ちるが、一般的な消しゴムでも代用可能。

 

  表革タイプのお手入れ&収納で用意した「シューキーパー」は、スウェードブーツにも必須。ウッド製がベターだ。スウェードブーツのお手入れで、仕上げに使用したいのが「防水スプレー」。栄養成分を含んだタイプがイチ押し。
 では早速、お手入れのステップを紹介します!