スポーツの世界では時に「ジンクス」について語られることがあるが、フィギュアスケートにもあるのか? また、選手はどのくらい「ジンクス」を気にしているものなのか? 織田信成さんにお話を聞きました。

最終的には気持ちが大事

――フィギュアスケートに「ジンクス」はありますか?

 

 多くの選手が気にしているジンクスはいくつかありますね。最も有名なのは「女子フィギュアスケート選手が、オリンピックでラフマニノフのピアノ協奏曲を使うと優勝できない」というものです。伊藤みどりさんやミシェル・クワンさん、浅田真央さんがその例に当たります。もちろん、それは偶然で、実力があり期待されたからこそ印象に残っているだけでしょうけど……。

 また、衣装の色にもジンクスがあります。「五輪の女子シングルチャンピオンは青を着る」というもので、トリノオリンピックで金メダルを獲った荒川静香さんや、バンクーバーオリンピックの金メダリストキム・ヨナさんも青い衣装でした。

 
次のページ ジンクスをどう受けとめるか