男子たるもの、「いつかは、こんな男になりたい!」という理想の人物がいるはず。
スタイルも生き様もすべてがかっこいい、伝説の男のファッションの秘密に迫る短期連載。

第1回は、死後四半世紀近く経つ今なお、ファッションアイコンとして君臨する
伝説のバンド・ニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンの魅力に迫る。

前編はこちら

'90年代を駆け抜けた栄光と悲劇のロックスター

 1967年2月20日、アメリカに生まれたカートは、高校中退後、バンド・NIRVANA(ニルヴァーナ)を結成。1989年にはインディーズから初のアルバム『BLEACH(ブリーチ)』を発売、その2年後に、メジャー1stアルバム『NEVERMIND(ネヴァーマインド)』が爆発的なヒットとなる。しかし、商業的な成功と自分が追い求めるアンダーグラウンドな音楽性とのギャップに苦しんだ彼は、ドラッグや鬱病に苦しみ、1994年シアトルの自宅にてショットガンで自殺。享年27歳という若さだった。

Photo by AFLO

現代の古着MIXスタイルに脈々と受け継がれるグランジ

 コートニー・ラブとの結婚式でパジャマ姿だったという逸話が残るほど、どんな舞台でも自然体であり続けたカート。「汚い」「誰が着たかわからないもの」と大人たちが敬遠する古着を、ファッションのいちジャンルとして確立させた功績は大きく、そのDNAは現在のストリートでも古着MIXスタイルという形で受け継がれている。
 そんなカートのファッションで欠かせないアイテムが、リーバイスのデニムパンツ「501」とコンバースのスニーカー「ジャックパーセル」だ。前者は彼が愛用していたダメージデニムの中でも目立ってはいていた品番で、古着好きの間では、あえて現行より太めの501を古着で選ぶことで、カートのグランジ感に近づけようという人も多い。一方、ブランド生誕100周年の際にはレザー製でカートモデルが発売されるのなど密接な関わり合いを持つ後者。白ではなく、あえて黒を選んでいるあたり、ロックスターとしての矜持を感じさせる。

左から、ラウンドタイプのサングラス、リーバイスのデニムパンツ501、コンバースのジャックパーセル。

 また、ヘアスタイルに目を向けると、肩まで伸びた金髪をセンター分けし、ややウェーブがかったラフなスタイリングが特徴的(たまに耳にかけることも)。そして当時のアーティスト写真でもよく見られたのが、丸みを帯びたフレームの「ラウンドタイプのサングラス」。縁の太いものを選ぶと、より彼のイメージに近づくのではないだろうか。
 今なお、多くのデザイナーたちから信奉されるカリスマらしく、彼をフィーチャーした新作はオマージュとして、シーズンテーマとは関係なく毎年必ずリリースするというブランドも少なくない。

カート・コバーンをもっと知るためには?

 

 まず、名盤『NEVERMIND(ネヴァーマインド)』は必聴。現在ではベストアルバムも多く発売されているニルヴァーナだが、最初に聴くならやはりこの一枚。カートのむき出しの感情が詰め込まれた歴史的名作。

*すべて編集部私物

 そして2005年に公開された映画『LAST DAYS』では、ドラッグに侵されたカート(ただし、映画内では彼を連想させる主人公、という位置付けになっている)が自決する最期の2日間を淡々とカメラが追いかける、こちらも名作。伝記『COBAIN UNSEEN』は、彼が遺した写真や日記、手紙といった未公開の「遺品」を数多く収録。彼の繊細なクリエイティビティを垣間見ることができる。