AIやロボット、Iotなどのテクノロジーの進化や、それに伴い将来なくなると予想される職業なども騒がれて久しい昨今。あなたは10年後の世の中がどのようになっているか、時代の変化にあわせてどう動いておくべきか、考えてみたことはあるだろうか。そのヒントを、赤羽雄二氏の著書『3年後に結果を出すための最速成長』の内容を再編集しながらシリーズでお届けする。第9回のテーマは「スピード」です。

■「スピード」「即断即決、即実行力」…電光石火で進む、さらに加速する

 

 

 仕事がなくなる時代がくる前に身につけておきたい重要なスキルは「スピード」と「即断即決、即実行力」です。

 これがあれば、たとえ少し間違っていても、やり損じても、いくらでも挽回できるからです。今日から日々、仕事のスピードアップについて工夫していただくと、すぐに手応えを感じられます。 これまであまり意識してこられなかった方は、驚くほどスピードアップが可能です。ご自身もですが、周囲がびっくりするので、さらに励みになります。

 私がコマツからマッキンゼーに転職した際、またマッキンゼー14年の後に共同創業した際の2回、仕事量が激増し、難易度が上がって、仕事の仕方をゼロベースで組み直さなければならない状況でした。

 そのときにわかったのは、仕事の仕方には無限の工夫があり、際限なく加速できる、ということです。工夫すればするほどスピードが上がっていきます。私は、そうやって乗り切ることができました。

 ただし、そのためには、「今より仕事をもっと速くする」という信念と、「工夫の仕方まで工夫する」という熱意と真剣な取り組みが不可欠です。スピードアップの工夫はいくつもあります。特に大事な5点を説明します。