男子たるもの、「いつかは、こんな男になりたい!」という理想の人物がいるはず。
スタイルも生き様もすべてがかっこいい、伝説の男のファッションの秘密に迫る短期連載。

第2回は、死後四半世紀近く経つ今なお、ファッションアイコンとして君臨する
セックス・ピストルズの2代目ベーシスト、シド・ヴィシャスの魅力に迫る。

前編はこちら

あまりにも生き急いだパンクロックの伝説

 1957年5月10日、イギリスに生まれたシドは、自信が熱狂的なファンであったパンクバンド、セックスピストルズに2代目ベーシストとして迎えられる。友人であるヴォーカルのジョニー・ロットンと人気を二分するも、その激しいライブパフォーマンスでトラブルも絶えなかった。ピストルズ解散後はソロ活動を行ったが、次第に麻薬中毒の症状が悪化。1978年に恋人のナンシーが変死すると、その後を追うかのように翌年ドラッグの過剰摂取で死亡。享年21歳という若さだった。

Photo by AFLO

死後も残り続けるシドのファッションスタイル

 夭折してもなお、彼のパンクロックをファッションとして具現化する試みは生き続け、21世紀の今ではロックのプロトタイプとされるほど。また、前述された南京錠のネックレスが、恋人であるナンシーとの絆の深さを証明したものであるのは有名な話で、'00年台後半に大ヒットした少女漫画『NANA』でもそれをオマージュした場面が展開されている。

 

 そんなシドのファッションで欠かせないアイテムが、ルイスレザーのライダースジャケットだ。重厚なイメージのダブルもタイトに着こなせることを、シドは証明してくれている。その他にシドがよく身に着けていたもので、ヒョウ柄のトップスとスタッズ付きリストバンドがある。前者は、ライダースに比べ認知度は低いが、意外にヒョウ柄もよく着ていた。素肌にヒョウ柄ベストといった着こなしも彼らしいコーディネイト。後者のスタッズ付きリストバンドはシドの代名詞。1970年代当時のパンクシーンでは、同じスタッズでもピラミッドタイプが主流で、彼自身も好んで着用していた。

左からスタッズ付きリストバンド、ヒョウ柄のトップス、ダブルのライダースジャケット

 また、ヘアスタイルに目を向けると、俗にスパイキーショートとも称される、短い黒髪をヘアスプレーでツンツンに立て固めた攻撃的なスタイルが特徴的。
 彼をリスペクトし、マネする有名人も多く、甲本ヒロトはダブルライダースのえりを立てるというシドの特徴的な着こなしをマネしている。

シド・ヴィシャスをもっと知るためには?

 まず、名盤『NEVER MIND THE BOLLOCKS』は必聴。セックス・ピストルズ最初で最後のオリジナルアルバム。発売の約3か月後、ジョニー・ロットンの脱退でバンドは解散することに。

*すべて編集部私物

 そして1986年に公開された映画『シド&ナンシー』では、ナンシー殺害容疑で逮捕されたシドが彼女との日々を回想する。シド役のゲイリー・オールドマンの熱演は必見。伝記『シド・ヴィシャスのすべて』は、没後25年を機に発売された伝記本。シドの家族による証言や彼が遺した直筆の遺書など、衝撃的な事実が次々と明らかにされている。