男子たるもの、「いつかは、こんな男になりたい!」という理想の人物がいるはず。
スタイルも生き様もすべてがかっこいい、伝説の男のファッションの秘密に迫る短期連載。

第3回は、来年で没後30年を迎える中、今なお絶大な影響を与えるカリスマ俳優、松田優作の魅力に迫る。

本物を追い続けたストイックな役者人生

 1949年9月21日、山口県に生まれた松田優作は、1973年に出演した刑事ドラマ『太陽にほえろ!』の殉職シーンで話題になる。その後『蘇える金狼』『野獣死すべし』など数多くの映画に出演、ドラマ『探偵物語』で若者から絶大な人気を獲得する。1988年には映画『ブラックレイン』でハリウッドデビューを果たすも、翌年急逝。享年40歳。長男龍平、次男翔太は俳優として活躍している。

Photo by AFLO

トレンチ、ジーパン、サングラス…。何でも日本一似合う

 ”松田優作”としてのファッションというよりも、ドラマや映画の作品内の役柄での印象の方が強い。事実彼も、ファッションに関しては全く興味がなかった。ドラマ『太陽にほえろ!』での柴田 純 (ジーパン刑事)のワイルドなジーパン姿や、同じくドラマ『探偵物語』の工藤俊作が着ていたタイトスーツセットアップにカラフルなシャツ、はたまた映画『ブラックレイン』の佐藤浩史が颯爽と着こなすトレンチ姿など、カジュアルでありながらどこかシャープな雰囲気を兼ね備えたタイトな着こなしや色使いは、2018年においても通用する普遍的なものがある。ヒステリックグラマーの北村信彦やサトルタナカの田中 了といったファッショニスタからも支持されたゆえんは、こういった”単純なカッコ良さ”にもあるのだろう。また役柄がバラバラなのに、彼が着るとどれも同じカッコ良さが見られる。ルックスの良さもあるが、これは無二の人間性が確立した、松田優作だからこそできる唯一のオシャレテクなのかもしれない。