現在放送中の『隣の家族は青く見える』(フジテレビ)で「子どもが欲しくない」女性・杉崎ちひろを好演する女優・高橋メアリージュン。これまでもドラマ『コウノドリ』等で存在感を発揮してきたが、もっともインパクトを与えたのが『闇金ウシジマくん』シリーズだろう。闇金の女社長「犀原茜」の演技は多方面で称賛を浴びた。実は彼女自身に「同じような過去」があったのだ――。辛い経験があるたびに母は言った。「いつかストーリーになる」。
1月末に刊行され大きな話題を呼んでいる初の著書『Difficult?Yes. Impossible? ...No. わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』より紹介する。

■躊躇った闇金『犀原茜』役

 

 2014年、映画『闇金ウシジマくん Part2』で、闇金の女社長・犀原茜を演じました。すごくエキセントリックで、怖い女性だったのですが、わたしにとって忘れられない役です。特に、この役でわたしの名前を憶えてくださった方も結構いたようで、ありがたい限りです。

 でも、実はこのお話が来たときにわたしは、複雑な思いでした。

(闇金の役……なのか)

 役をもらえたうれしさと同時に込み上げてくる躊躇い―そして恐怖。それはわたし自身が実際に闇金で怖い思いをした経験が理由です。

 父の経営していた会社が倒産した後のことです。

 自宅に頻繁に電話がかかってくるようになりました。決まって午後でした。

 でも両親は電話に出ようとはしません。

「お父さん、電話出えへんの?」

「……放っとき」

 いつも、ダジャレばかり言っている父が、神妙な顔をしていました。

 

 狭い自宅に電話のベルが響き渡ったまま、夜はふけていきました。

 電話の音がうるさかったわけでもないのに、家の中にあきらかに緊迫した雰囲気が流れました。

 後日、誰もいない家に学校から帰宅すると、また電話が鳴りました。

(出たほうがいいんやろか?)

 迷っているうちに留守番電話に切り替わります。そしてスピーカーから聞こえてきたのは、

「オラ! 高橋! おるんやろ? 電話出ろや!!」

 という男性の罵声。

 闇金からの催促でした。よくテレビで見ていたシーンから連想して、中学生のわたしにも「両親が借金の取り立てに追い回されている」という事実が理解できてしまった。
 恐怖のあまり、ぼうぜんと立ち尽くしていました。あまりに現実感がなかった。

(どうしよう、この人たちが押しかけてきたら……。いや、お父さんやお母さん、きょうだいたちに何かあったら……)
注目の女優・高橋メアリージュンの話題作。綴った「難しいけれど不可能じゃないこと」

次のページ 渾身の演技の理由