その履き心地の良さで数あるスニーカーブランドの中でもトップクラスの人気を誇る「new balance(ニューバランス)」。身近な存在だからこそ「よくよく考えると、これってどういう意味? 何のためにあるの?」などと疑問に思うことも多いのでは。そこで今回、STREET JACKがニューバランスの気になるところを全3回にわたり、細かく掘り下げ!

第2回は、前回で紹介した「品番」の話以外にも多数存在する、ニューバランス独自の表現についての様々なトリビアを解説。これを理解するだけで、靴選びがより奥深くなるぞ!

同じニューバランスでも生産国で値段が違う

ふたつの生産国モデルはタンに記載が。

ブランドを象徴するプレミアムライン

 世界中で生産されるニューバランスのスニーカー。中でもブランドの歴史と伝統を象徴するアメリカ製&イギリス製は、製品の確かさと職人の手による温かみを感じられると人気が高い。

 

〈M574〉のMは「メンズ」のM

品番の前に付く主な英字表記一覧表

主に性別や搭載する技術を示す記号

 ニューバランスでは、2007〜08年頃からランニングカテゴリーには、「M」ではなく「MR」と区別するようになっている。ただし、それ以前にオリジナルが発売された〈996〉や〈1300〉などは「M」のまま通されている。