合戦の最中に、刀が曲がった! 刃がボロボロになった! さてどうする? 『歴史人』3月号で、戦場で刃こぼれした緊急時のことについて解説している。

やはり刀の修理はプロに任せた方がよい。「日本刀の話」より。(国立国会図書館)

「命がけの戦いの場において、刀は自らを守る切り札でもあった。大切に扱っていても、刀をふって身を守る以上、曲がったり刃こぼれを起こしたりすることも多かったに違いない。名刀ならいざ知らず、数打物を使った際、刀剣のトラブルはあったはずである。そうしたとき、武士たちはどうしていたのだろうか。
 もちろん合戦から無事に戻れば、これを修理した。当時プロの研磨師がおり『折り紙付』で有名な刀剣鑑定の本阿弥家は、もともと研磨を生業とした一族だった。その資料蓄積により鑑定家で名を馳せたことでも知られている。

 
次のページ 戦場で修理が必要になった場合は?