「BEST T!MES」連載30問30答、3月は宇野常寛さんを特集! 自ら企画ユニット『PLANETS』を主宰、近年はメディアでの活躍も増える中、評論家として最新作『母性のディストピア』が大ヒット中。多彩な活動を続ける彼の「素顔」に30の質問で迫ります。

正直なところ、高校時代のほうが面白かった

 

 典型的な「ダメな地方の私立文系学生」の生活ですね。一番時間使ったのは「三國志VII」というゲームですね。あと、下宿先は「ケーブルテレビが引かれている」という理由で決めたほどなので、部屋にこもって昔のアニメや映画、ドラマを見まくっていました。その頃の一番の関心事はもっぱらエアチェック。当時はVHSだからテープを入れ替えないといけないので、どうすればスムーズにエアチェックできるかよく考えていましたね。

 うちの下宿がたまたまちょうどいい場所にあって、友達のたまり場みたいになっていました。充実したキャンパスというより、ホモソーシャルと言ったほうが正しいでしょうが、楽しくやっていました。イメージとしては、男子校の寮生活を少し薄めたような大学生活です。

 

 とはいえ、どこか刺激が足りないと思ってもいました。大学は圧倒的に自由度が高かった反面、高校時代のほうがおもしろかった。高校時代は寮生活なので何かと不自由ではあるんです。外界から遮断されているような閉鎖空間でしたから。それに、食事も不味い。本当に信じられないくらい不味いんですよ。一応栄養士もいて、4~5品は出ていましたけど、人が口に入れてもかろうじて精神に異常を来さないものが1品あるかどうかくらい。なんとか必死にご飯をかきこむんですけど、基本的にみんな痩せているんです。これ、戦後直後じゃなくて、90年代の日本の話ですからね。結局大量に残飯が出てしまって、寮に住みついている猫だけがダルマみたいに太る。そんな恐ろしい光景が広がっていました。それに、プライドの高い田舎の男の優等生ばかり集まり、閉鎖空間に集められているので、人間関係はムダに複雑になる。正直、嫌な部分も多かったですけど、その分濃くて楽しかったんですよ。

 反対に大学は自由度が高いですし、人間関係にストレスもない。でも、高校時代に比べると刺激が足りない。その足りない刺激を、昔の映画やドラマ、アニメを見ることで埋めていった感じですね。時間もあったので、見たいものを見ていましたし、読みたい本もすぐに手に入りました。要領はいい方なので、大学は4年間で普通に卒業できました。

〈明日の質問は…… Q5.「会社勤めをしているときに感じたことは?」です。〉