NBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンのシグニチャーモデルとして生まれた〈AIR JORDAN〉。誕生から30年を超え、その背景や物語を知らずにファッションアイテムの一つとして楽しむ世代も増えてきた。そんな「マイケル・ジョーダンを知らない世代」のためのエアジョーダン基礎講座として、今なお続くナンバリングを順に振り返りながら、歴史を紐解いていきたい。

第8回は、1993年発売の「AIR JORDAN 8」。
AJ6から採用されたスケルトンフレームを持つ最後のモデル。AJ7譲りのハラチフィットに加え、アッパーにクロスストラップを装備することでサポート性を向上させている。このモデルを履いてMJ(マイケル・ジョーダン)はNBA3連覇を達成するが、その後にショックな出来事が…。

 

スリーピートの立役者となった
'90年代ハイテク最終進化モデル

写真を拡大 1993年発売のオリジナル。前作に続きワーナーとのコラボプロモーションが行われ、AJ8ではマービン・ザ・マーシャンがメインキャラクターに据えられた。

AJ8とともにMJ第1期黄金時代が終焉

 '93年当時に考えうるハイテクをすべて盛り込んだ、とも言えるのがAJ8だ。アッパーには当時ストリートバスケ用として人気を集めていた〈エアレイド〉のテクノロジーを応用したクロスストラップを装備。シューズの外側はストラップがサポートし、内側はハラチでフィットさせるという手法を採用している。さらに、アウトソールの中央部を大胆に削ぎ落とすことで軽量化も実現している。

写真を拡大 ハラチインナーやヒールサイド、アウトソールの一部にはアバンギャルドなパターンがプリントされている。また、AJ8では久しぶりにBOXのデザインが変更になり、上箱はジャンプマンとAJロゴの組み合わせ、下箱はグレー一色に。

 また、AJ7ではアフリカをイメージしたデザインパターンが使われたが、このAJ8は派手な幾何学パターンをインナーなどに採用。パイル地のタンにジャンプマンロゴを刺繍し、ヒールサイドにもグラフィティー柄を入れるなど、デザイン的にはストリートカルチャーを意識したものになっている。

 ちなみにAJ7の登場とともに最高潮に達した日本のスニーカーブームは、このモデルが登場する頃に終息。オリジナルが発売された当時、日本でのAJ8の人気はイマイチ盛り上がらなかった。また、その過度なハイテクぶりも敬遠される一因となったようだ。

 

 一方、このモデルを履いたMJは、'92-93シーズンのNBAファイナルで親友のチャールズ・バークレイ率いるフェニックス・サンズを下し、スリーピート(3連覇。スリーとリピートを組み合わせた造語)を達成。しかし、そのシーズンオフに父親が強盗殺人に巻き込まれたこともあって、一時バスケットから身を引くことを決める。