大人になるということは、見られる、ということ。
つまり、見られる、ということに備える武器を、僕たちはこれからのステージで身につけていかなければならない。大人であることの証明、きっとそれを先人たちは「作法」と、名付けたのであろう。置かれた場所において、ふさわしい振る舞い、相応しい時計を身につけられる大人になりたい。
そんな男のための、大人の時計作法入門。

こんなとき「大人」は
どんな時計を身につけるべきなのか?

 ビジネスマンのTPOに合った時計。それは高ければ良いわけではなく、単にシンプルであれば良いわけでもない。ときには主張を強めたデザインや、遊び心あるカラーリングも必要なこと。ネクタイと同様の感覚で選ぼう。

 

Case 1
取引先主催のパーティに出席する

 
 

いつもより少し華やかで、パーティトークの糸口に

 パーティで地味すぎるのはむしろマナー違反。ネクタイと同様に、少しだけ色を効かせてみるのもありだ。うまくまとめるコツは、タイかチーフを同系色で合わせること。統一感が生まれ、手元だけが浮かない。