顔の中で一番簡単に印象を変えられる部位と言ったら「マユ毛」。
STREET JACK編集部が、誰でも10分でできる「マユ毛」ケアをレクチャーします。

 

写真を拡大 右がBEFORE、左がAFTER。右は毛の長さがバラバラで、かつマユに隙間があり、産毛も残っている。

 

POINT 1
マユの「輪郭の目安」を知るところから始めよう

写真を拡大 マユの「輪郭の目安」

 まず、マユの輪郭の基本となる地点を知っておくと、ケアしやすくなる。 もちろん個人差はあるが、以下のポイントを押さえておきたい。

 

 マユ頭は、小鼻の中心から垂直に上へ伸びるラインにおくのがポイント。マユ山は、黒目の外側から目尻の上あたりに設定するといい。また、マユ尻は、小鼻と目尻を結ぶ延長線上におくのが基本となる。まずはこれらを目安に自分なりの位置を見つけてみよう。

POINT 2
マユの中でも「顔の印象が変わる場所」を把握する

 人の印象は、マユ山とマユ尻のエッジをどうするかによって大きく影響される。ここでは印象別にふたつの代表的な形を覚えておこう。

写真を拡大 「顔の印象を変える」場所は?

 印象を変えるポイントは、マユ山とマユ尻のふたつのエッジ。ここを鋭角にするか、逆になだらかにするかで印象が決まってくる。

写真を拡大 優しく見られたいか、男らしくなりたいか

 優しげな顔にするにはなだらかな曲線のマユを作ろう。主張しすぎないラインが柔和な印象を与える。一方、男らしくなりたいならエッジを鋭 くするのがポイント。メリハリのついたマユで凛々しく見える。