数々の男女の出会いから結婚までを見てきた恋愛アナリストが、女性側の視点から「モテる男になるための考え方と行動」を理論的かつ具体的にレクチャーします。30代・40代男性必見!

 こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。皆さま、恋活・婚活の調子はいかがでしょうか?

 さて、いいかもと思った女性と会話をしていて、雰囲気がほぐれてきたら、好みのタイプについて質問したりすることもあると思います。

 そんなとき、「好きなタイプ……優しい人かな」と答える女性って、ものすごく多いですよね。でも、「それってどういうこと?」と思ったことありませんか? 「優しいって具体的にどういうことなの?」と。

 今回は、女性が曖昧に語る「優しさ」のヒミツについて、バシッと解き明かしていきたいと思います。

 皆さんは女性から「優しい」と言われたことがありますか?

 「なくはない」という人もいれば「結構言われる」という人、「全然言われない!」という人もいるでしょう。

 そしておそらく、「優しい」とよく言われる人の中には、そのことをあまり良いことだと捉えていない人が多いのではないでしょうか。少なくとも恋愛においては。

 というのも、女性が男性に面と向かって「優しい」と言う場合、残念ながら、相手が本命ではないケースが多いから。

 たとえば、女性が男性に恋愛の悩みを相談しているときとか。他にも何か困りごとがあって助けてもらったものの、特に恋愛感情はないときとか。

 一方で、男性の優しさが女性の恋愛感情をグイーーーン! と刺激することもあります。でもそういうとき、たぶん多くの女性は「優しい」と言葉にする余裕はないですね。

「えっ、うそっ、あのっ………」とか、「あ、ありがと………」とか、どこか動揺しながらの反応になるはず。大事なのは「………」です。言語化できない、ときめき炸裂タイムが発生するのです。

 では、冷静に感謝だけされる「優しさ」と、ときめきを発生させる「優しさ」とは一体どこが違うのでしょう?

 
次のページ 女性が言う「優しい」の意味