田澤純一独占インタビュー後篇(前篇は「イチローさんへの視線は慕うというより…」田澤純一がみたマーリンズ)。
 大谷翔平がメジャーリーグに移籍し、エンゼルスのユニフォームを着た。日米における注目度の高さはイチロー、松井秀喜、松坂大輔らスター選手が毎年のように渡米した時代を思い出させる。
 10年前、ちょっと違った意味でメジャーリーグ挑戦が大きな話題となった選手がいる。田澤純一。22歳の青年が「自分が成長できる環境はどこかを考えた結果」を人々はあれやこれやと勝手なルールのなかで言いはやした。ただ「MLB」を選択しただけで。
 それでも田澤は屈することなくメジャーでたしかな「成長」を手に入れる。ボストン・レッドソックスで8年(2010シーズンは右ひじの手術で登板なし)プレーし、2013年にはセットアッパーとして71試合に登板、26ホールドを記録するなどワールドチャンピオンに大きく貢献。2016年オフに移籍したマイアミ・マーリンズでプレーした昨シーズンまで5年連続で50試合以上に登板を果たしている。通算登板は日本人メジャーリーガーのなかでも3番目に多い357試合を数えるまでになった(最多が長谷川滋利、2番目が上原浩治)。
 もちろん、ここ数年の内容に不満をいだく向きもあるだろう。それは田澤自身も同じである。渡米10年目の今年、どう成長していくのか。独占インタビューをおくる(後篇)。

■リリースの瞬間に「あっ!」と思うことが多かった

――(なかなか調子の上がらなかった2017シーズンに)改善するために試されたことはありましたか。

田澤 たとえば間ですよね。結果が出なかった前半戦、「1・2・3」のリズムで投げてしまう感覚が自分のなかにありました。先ほども言ったように調子がいいときっていうのはこのリズムをちょっとずらすだけでアウトが取れたり、ファールが取れたりするんです。でも、前半戦はその間やリズムがバッターに合わせやすいものになっているように感じていたんです。

 

――合わせやすい。

田澤 本当にリリースの瞬間に、「あっ、こいつ(タイミング)あったな」と感じるんです。それでも打ち損じてくれることもありましたけど、ヒットになるケースが多かったような気がします。
 だから、シーズン中もトレーナーと話をしながら体の使い方を考えて「1・2・3」のリズムにならないように工夫をしました。でもなかなか体をうまく使いこなせなかったですね。

――シーズン中に変えようとすることは怖くはなかったですか。

田澤 いや、あれだけ打たれていたら何か変えなきゃいけないですから。

――2016-2017年のオフのトレーニングメニューはパワー系のものが多かったですが、このオフ(2017-2018年)はまったく違っているように見えます。

田澤 そうですね。重たいものを持たないわけじゃないですけど、自重をしっかりコントロールできるトレーニングに取り組んでいます。これまではバランスが悪いまま「重り」を持っていた。悪いフォームのままで取り組んでいたところがあったと思います。

 

 ピッチャーとして一方向にしかずっと投げていないので、体の使い方に偏りがでてくるなかで、まずはしっかりとバランスの取れた体をつくる。それを野球に当てはめて投げていく。それを目指していま、取り組んでいるところです。

――なるほど。

田澤 だから、いま筑波大学の方に協力をいただいて科学的に根拠のある体の使い方を教えてもらったりするんですけど、いろいろ発見があって面白いです。これまで散々トレーニングをしてかなりの数字の「重り」を持っていたのに、「じゃあ自重でこれやってください」って言われてもできないんですよ。