ロシアワールドカップ本大会に向け、日本代表の欧州遠征が間近に迫っている。し烈をきわめるメンバー選考は、「欧州組」というだけで一歩先んじていた過去とは違う。その「欧州組」の現在地とは? スポーツライターの寺野典子氏がリポートする。

■降格争いに苦しむ「日本人キャプテン」

 

 クラブ創設以降、一度も降格をしたことのないハンブルガーSVは、今季も昨季同様に残留争いを続けている。それも開幕直後から、降格圏内が定位置という危機的状況。

 昨季「奇跡の残留」を果たしたチームを牽引してきたキャプテンの酒井高徳は、シーズン序盤、先発から外れる試合も少なくなかったが監督交代(第19節後にギズドルを解任、ホラーバッハが就任)を機に先発復帰する。ピッチ内外でのリーダーシップを評価されて、カンフル剤としての期待を背負っていた。

 しかし現在、降格圏脱出の可能性を示すことができていない。

 

 3月10日、敵地でブンデスリーガ最強のバイエルン・ミュンヘンと対戦。首位を独走するバイエルンに最下位のハンブルガーSVが挑んだ。1年前にはアリアンツアリーナで0-8という大半を喫している。

 3バックの右に立った酒井は言う。

「前からプレスをかけていこうという話だったけど、プレスをはがされてしまい、中盤でバイエルの選手をフリーにしてしまった。コンパクトな陣形も作れず、目立ったプレスもできなかった」

 8分、12分、19分と続けざまに失点するとハンブルガーSVの守備が崩壊する。

次のページ バイエルンはレバンドフスキだけじゃない