「BEST T!MES」連載30問30答、3月は宇野常寛さんを特集! 自ら企画ユニット『PLANETS』を主宰、近年はメディアでの活躍も増える中、評論家として最新作『母性のディストピア』が大ヒット中。多彩な活動を続ける彼の「素顔」に30の質問で迫ります。

限られた中で時間を生み出すために、バリバリやる

 

 1つ前のお金の使い方の質問でも答えましたが、模型とランニングは欠かさず続けていますね。ランニングは単に趣味で始めて、ここ数年楽しいからやっていますね。走っている間には「この後の作業、どうしようかな」とか「詰まっているアイデアや原稿をどうしようかな」とか色々考えたりもしています。模型の話でいえば、毎日寝る前にヤフオクで、欲しい模型や狙っているフィギュアがないかチェックしていますね

 

 昔は放送されているアニメをすべてハードディスクに録画して、それを見ていたのですが、今はやめました。アニメに興味がなくなったのではなく、今の時代にはサブスクリプションサービスという素晴らしいものがあるからです(笑)。僕は「アマゾンプライムと「ネットフリックス」、「HULU」と「バンダイチャンネル」の4つに加入していて、世界はそれですでに補完されているんですよ。空いている時間にはこれらのサービスで映画やドラマ、アニメを見たりしていますね。ほんと、昔に比べていい世の中になったなと思いますよね。

 一方で、見たいコンテンツがたくさんありすぎて時間が全然足りていないです。だから眠らないで済む薬が早く開発されて欲しいと本当に思っていますね(笑)。まあ、今のところ出てきていないので、限られたなかで時間を生み出すためにバリバリ仕事をしています。僕は気をつけないとダラダラしがちなので意識的にやっていますね

〈明日の質問は…… Q19.「いま、宇野さんが気になっている年下(若手)の同業者は?」です。〉