ドライバーを除いては、ほとんどの人が意識をすることがないであろう「道路標識」。だが日本全国には、知られざる奇妙珍妙な道路標識があった! マニアでなくともニヤニヤせずにはいられない、奥深い世界をご堪能あれ。

 さて道路標識というもの、日常でよく見かけるものであるだけに、時として妙な噂やら都市伝説やらの題材にもなってしまう。たとえば「歩行者専用」の道路標識について、以下のような話を聞いたことのある方は多いのではと思う。

 ――この標識を作る際、親子連れの写真をモデルにしたのだが、これは実は子供を誘拐している男を、偶然に撮ってしまったものだった。手を引かれている女の子が、男から体を遠ざけるような姿勢をしているのは、嫌がって逃げようとしているためなのだ――。

写真を拡大 「歩行者専用」標識

 都市伝説の常で、確たるソースや根拠はおそらく何もない。ただ、この標識に描かれた人物は妙に腕がにょろりと伸びていて、体型も何やら宇宙人のようである。全体になんとなく不気味な雰囲気が漂うのが、こうした噂の出る理由なのではと思える。

 

 もうひとつ都市伝説のある標識が、「その他の危険」である。黄色の菱形に大きくビックリマークが描かれた、えらくインパクトの強いデザインだ。黄色地に黒の標識は「警戒標識」と呼ばれ、「十字路あり」「動物注意」「幅員減少」など、行く先に危険や注意すべき事柄があることを示す。で、これらに当てはまらない注意事項がある時が、「その他の危険」標識の出番なわけである。

写真を拡大 「その他の危険」標識

 というわけで多くの場合、「その他の危険」標識には補助標識が取り付けられ、どのような危険があるのか明示されている。だがこうした補助標識がなく、なぜ「その他の危険」が設置されたかわからないケースがある。これは、その場所に幽霊が出ることを示しているという噂があるのだ。

 まあ「幽霊が出るから標識を立てます」と申請して、お役所がはいよと予算を通してくれるわけもないのだが、そう言ってしまっては話は終わりである。というわけで実地の道路で、どのように「その他の危険」標識が用いられているか、いくつか検証してみよう。

次のページ 「その他の危険」の設置理由とは?