ニューバランス「ML574」グレーの世界同日発売を記念して、ニューバランス ジャパンによるグローバルイベント「New Balance GREY DAY」を世界各国約20都市で同時開催。発売当日の3月15日(木)に寺田倉庫で行われたイベントにSNEAKER JACK DAILY編集部から現役大学生記者・今野が参加してきました!
ニューバランス ジャパン社員の私物のグレーシューズを約250足集めた「GREY SHOES WALL」ディスプレイ

 僕(今野)のスニーカーイベントレポートは、これで三つ目。ナイキアシックスと来て、今回も街で見かけない日は無いってくらいみんな履いてるブランド、ニューバランスのイベントに行ってきました!未だにこういうイベントの勝手に慣れない…

この日の主役「ML574」

 ブランドを象徴するカラーである“グレー”をテーマとしたアートやインスタレーション、アーティストのライブパフォーマンスといった当日限りのコンテンツの数々が実施され、一般招待客50組100名を含む、合計約800名が来場。来場者にはドレスコードが設けられ、当然そこも”グレー”で統一。僕もグレーの服を引っ張り出してきて臨みました。

 

 今回の主役は「ML574」のグレー。ニューバランスのグレーは、グレー初登場の「620」、プレミアムグレーのスエードとメッシュでデザインされた「990」が代表的。特に「990」は現在まで12代にわたって続くブランドを象徴するモデルとなりました。それ以来、ニューバランスブランドを象徴するフットウエアは“グレー”カラーで作り続けられ、“グレー”はニューバランスの伝統とアイデンティティを表現する象徴となっています。今回の「ML574」は日本での人気が高いモデルで、さらにそのグレーカラーということで注目度の高いものになっています。「ML574」の詳細は、SNEAKER JACK DAILYサイト【http://best-times.jp/articles/-/8572】を参照して頂きたい。

スロットに挑戦してみるがボロボロ(涙)

 当日会場には、スニーカー名にちなんで「574」に揃うと景品がもらえるスロットが設置されており多くの人が挑戦していた。成功した来場者の声があちらこちらで上がりながら、動体視力がめっぽう弱い今野は一つも揃わず敢え無く失敗。残念~

Nを表現したアートワーク。インスタ映え!

 会場の至る所にはパフォーマンス会場が設けられ、enraによる“ニューバランス”と“グレー”をモーショングラフィックスとダンスで表現した圧巻のパフォーマンスや→Pia-no-jaC←、Licaxxx、Young Juvenile Youth、Yukibeb、KAIRI、徳田耕太郎によるライブパフォーマンスが行われ来場者を魅了したようだ。というのも当人はスケジュールが合わず鑑賞できず(涙) 

 ただその中でも、展示物のアートワークと開催場所である寺田倉庫が作り出すインスタ映えな雰囲気に完全に魅了された今野は、気持ちまではグレーにはならず満足げに帰りましたとさ。(上手いこと言ったつもり)

→Pia-no-jaC←
enra
KAIRI
KOTARO TOKUDA