一般的には馴染みの薄い専門的な用語が多く、その性能や機能も多岐にわたる深淵な腕時計の世界。そんな腕時計を語るうえで欠かせない基礎知識&基礎用語を徹底解説していくシリーズ。

第3回は「腕時計のディテール分類(後編)」をお届けします。
 

「基本名称」を覚えたら、
次はその「分類」を把握すべし!

 連載第1回ではもっともベーシックな「アナログ3針時計」をベースにして、基礎のさらに基礎の用語に絞って紹介したが、連載3回目となる今回は、その中でも「針(時分針/秒針)」「インデックス」の分類について、それぞれ基本となる5タイプを紹介していこう。

 

「時分針/秒針」のタイプ5選

時・分・秒からなる“3針”タイプが時計の基本

 時針(短針)、分針(長針)、そして秒針という3つの針からなる姿が時計の基本形。このような文字盤を持つ時計を一般的に「3針モデル」と呼ぶ。

 

ペンシル

ペンシル

先端が「鉛筆」のように尖った針

 最もオーソドックスな時計針で、細長く先端が尖った鉛筆を思わせる形状のものを指す。

 

 

バー/バトン

バー/バトン

先端が「棒」のように角張った針

 一般に太いものが「バー」、細いものが「バトン」と区別して呼ばれている。

 

 

アロー

アロー

先端が「矢印」になっている針

 スポーツ系ウォッチによく見られる、弓矢の矢のようになっている時分針のことを意味する。

 

 

リーフ

リーフ

「樹木の葉」をイメージした針

 柳の葉を思わせる細長いシルエットの針で、上品な佇まいでドレス系なウオッチに多用される。

 

 

ベンツ針

ベンツ針

短針の先端が「ベンツマーク」の針

 車メーカーのメルセデス・ベンツの”スリーポイントテッドスター”をあしらったデザイン性のある針。