「18~22歳男子」というストリートジャックの読者ターゲットにちなんで、俳優やモデル、アイドルなど、さまざまな方に自身の“18歳から22歳”を振り返ってもらうシリーズ企画
『1819202122〜My 5 years talk』。

今回は特別編として、4月27日(金)公開の映画『ママレード・ボーイ』でW主演を務める、桜井日奈子さんと吉沢 亮さんに、「18〜22歳」の5年間の中で、それぞれがもっともターニングポイントとなった時期について語ってもらった。
写真を拡大 “岡山の奇跡”として 一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子と、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢 亮。いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演! ©︎吉住渉/集英社 ©︎2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 

ちゃんと“仕事”として考えるように
なったのは22歳になってからだと思う

ーーお二人が18〜22歳の間で「転機だった」と感じたのはいつですか?

吉沢 18歳と22歳ってすごく人生の転機ですよね。18歳は、高校を卒業する時期で周りの友達が就職とか進学とか、将来のことを考え始める頃じゃないですか。で、22歳も、大学を卒業して就活をする時期で、みんなが社会に出て行くタイミング。そういう周りの変化に自分も影響を受けました。

ーー吉沢さんは、15歳で芸能界デビューし、17歳の時には『仮面ライダーフォーゼ』に出演。周りの友人が節目を迎える18歳、22歳の頃にはすでに役者としてバリバリ活動中だったと思いますが、それでも周囲の影響は大きかったんですか?

吉沢 正直、22歳くらいまではどこかバイト感覚でやっていた部分もあったと思うんです。でも、周りも社会に出始めて「俺ってわりと若い頃から仕事してたんだな」って改めて自覚するようになって。今の仕事を、ちゃんと“仕事”として考えるようになったのは22歳くらいだったと思います。「芝居って楽しいな」という意識を持ち始めたのも21、2歳の頃でした。

ーーお芝居の楽しさを知ったのは、何かきっかけがあったんですか?

 

吉沢 19歳のときに初めて主演をやらせていただいた『ぶっせん』っていう舞台です。この時は、すごくいろいろ悔しい思いをしたんです。それまで、あんまり仕事で「悔しいな」って思う瞬間がなかったんですけど、初めて本気でやったからこそ全然納得いかないことがいっぱいあって。それで逆に火がついたという感じでした。