「18~22歳男子」というストリートジャックの読者ターゲットにちなんで、俳優やモデル、アイドルなど、さまざまな方に自身の“18歳から22歳”を振り返ってもらうシリーズ企画
『1819202122〜My 5 years talk』。

今回は特別編として、4月27日(金)公開の映画『ママレード・ボーイ』でW主演を務める、桜井日奈子さんと吉沢 亮さんに、「18〜22歳」の5年間の中で、それぞれがもっともターニングポイントとなった時期について語ってもらった。
写真を拡大  “岡山の奇跡”として 一躍注目を集め、ドラマ・CM・舞台と活躍の場を広げる桜井日奈子と、『銀魂』ほか話題作への出演が続く、吉沢 亮。いま最も勢いのある若手俳優の二人が、満を持してラブストーリーに初主演! ©︎吉住渉/集英社 ©︎2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 

ふたりがそれぞれの岐路に立っていた
「19歳」というターニングポイント

ーーさて前編では、「鼻血が出るほど」お芝居にのめり込んでいた、と仰っていた「19歳」の桜井さん。当時はどんなことを思っていたんですか?

桜井 もう…なんだろ。その時は、とにかく役のことだけを考えていましたね。演出家さんから「その子になったつもりで毎日、日記をつけなさい」と言われていたので、役以外のことは一切考えていないくらい没頭してました。没頭しすぎて、ワーッと泣く場面では、パッと顔を上げたら鼻血がバーーッみたいな(笑)。とにかくがむしゃらでしたね。でも、初めてのお芝居が舞台だったっていうのは、すごく幸せだったと思います。お客さんが目の前にリアルにいて、最初から最後までノンストップでの演技だったので。これがきっかけで、自分の意志で「このお仕事をやっていきたい」と思うようになりました。

ーーちなみに、吉沢さんは19歳の頃はどんなことを考えていましたか?

吉沢 辞めたいと思ってました。

桜井 え…!?

 

吉沢 なんか「めんどくさいな」と思ってて。当時は、「この仕事を辞めたあと、どうしようか」ってことをずっと考えていました。芝居をすること自体は好きだったんですけど、一生の仕事だとは思っていなくて。(仕事の経歴をまとめた資料を見ながら)こうやって見ると、意外といろんな仕事をさせてもらってたなと思うんですけど、当時はそういう感覚があんまりなくて「続けててもしょうがないな」「めんどくさいな」っていう気持ちが強かったんです。

ーー「この仕事を辞めたら何をしようか」というのは、具体的に考えていたんですか?